世界三大奇虫ウデムシって食べれるの?毒性や餌 生態も!飼育のコツは?

世界三大奇虫の1つウデムシ!

三大奇虫の中でも、見た目のインパクトが一番強烈なのは、このウデムシ!!です。

人によってインパクトの度合いはそれぞれでしょうが、少なくとも私にとってはそうです。

ほかの三大奇虫である、ヒヨケムシとビネガロンが基本的に地表種であるのに対して、このウデムシは樹上種

立体的な機動力とトリッキーな動きは、他の2匹には出せない独特の凄味があります…

なによりこのウデムシ、全体的なフォルムがワタクシの大嫌いなアシダカグモに酷似していて、生理的な嫌悪もMAXなのです!!

そんなウデムシですが、三大奇虫として取り挙げられる様になってからはマニアの琴線に触れたのか、
キモイ物好き達にじわじわと人気が出て、今では相応に名の知れた存在となりました…

今回はそんなウデムシについて、可能な限り解説してみようと思います。

スポンサーリンク

ウデムシって、何者なのか?

ウデムシを一言で表すのなら、カマキリの鎌を持ったクモです。
それも巣を張るタイプではなく、アシダカグモの様な小さな体に長い脚で構成された、ハシリグモ系の姿をしています。

また、見た目がそう見えるだけで、実際には糸を出す能力もなく、分類的には完全に、ウデムシはウデムシとして扱われます。

昆虫ではなく、クモガタ類に属する「虫」です。

その外見から、別名にカニムシモドキと言う名もありますが、そもそもカニムシなんて言われても普通の人はわかりませんし、さらにモドキともなれば未知の存在ですw
そんな分かり難い例えに加えて、分類的にも見た目的にもカニムシとは実際は「無関係」な為、今では完全にウデムシの名で定着しております。

ウデムシはウデムシ。

クモとかサソリとかの様に、他の三大奇虫達と同じく、クモガタ類の中でもウデムシとしてグループを形成し成り立っている「種族名」となります。

ウデムシは三大奇虫の中で、最も気持ち悪い外見をしているw ぎゃ

  • 独特な見た目と凶刃なアゴを持つヒヨケムシ
  • サソリの親せきみたいな外見にして、酢臭い液体をぶっかけて来るビネガロン

そんな特徴的なアイデンティティを持つ他の2匹に対して、ウデムシの特徴は…

とにかくキモイ事です!!

他の2種と比べてとにかくキモイだけであって、完全に無害なのが、コイツの最大の特徴です!

いや、どう見ても、どう考えても、毒ありにして、攻撃力MAXな外見ですが、でも実は…無害なんですw

他の2体が人体にダメージを与える力を持っているのに対して、
ウデムシは外見のヤバさだけが目立って、本当に大した能力を持っていません…

クモをベースに、サソリと触角を足した様な外見をしているので、日本人にとっては未知の存在ですから、外見だけで十二分にヤバイと思うのも無理はありませんが…

国内で見かける虫の中で、一番近い外見をしてるのがアシダカグモでしょうか?

そんなウデムシですが、三大奇虫の中では飼育がし易い方として人気があります。
とは言え、「三大奇虫の中では」です。

外国の良くわからない生活をしている、良くわからない虫なので、当然、飼うとなれば、相応の難易度となります。

国内のクワガタを、適当にひと夏だけ飼うのとは勝手が違います。

ウデムシは食えるのか???

 

世界三大奇蟲ウデムシ

なぜか、ウデムシで検索すると食べられるのかどうか?を問うワードが検索上位に来ます…

なんでこんなもんを食べようと思ったのか分かりませんが…一応、喰おうと思えば食えます…

食虫ブームが極めて小さい範囲で巻き起こっているとは言え、なんでコイツをわざわざ…と言うのが私の思いですが、

虫の多くはタンパク質も豊富で、人間の餌として悪くはありません。なので、食べようと思えば食べられなくはありません。

タランチュラやゴキブリだって、焼いたり揚げたりして食べている民族は居ます。

ですが、日本人の胃袋には合わないと思いますので、止めておいた方が良いでしょう…
甲殻部分などの硬い所は、消化できないのでウンコとして出てきます。

ぼっとん便所ならともかく、水洗トイレでは自身の生み出したブツを見る機会があります。
自分のウンコから触角や虫の破片が出て来たら、悶絶ものですよね?えっ?

…やめておきましょうw

また、外国の話ですが、食虫チャレンジで、ゴキブリを大量に食べて死んだ人もいます。

まだまだ、謎の多い虫なので食べる事はマジで止めた方が良いと思いますが、
芸能人がTV番組の企画で食べた所、白身魚の様で、意外と美味しい等の感想を述べていたようです…
(↑恐らくこうしたアレコレが、検索上位ワードに食べるが入り込んでいる元凶でしょうw)

いや、まぁ、国内ではペット流通が主で、数千円もする虫を食う必要なんてないので、
じゃあ白身魚食えばいいぢゃん…って話になりますね…はい。

ウデムシの生態

完全に夜行性なものがほとんどで、日中は樹の皮の間や樹皮表面、倒木の下や洞窟に潜み暗くなってから行動します。

種類によっては鳥の巣やネズミの巣など、他の動物の巣を間借りして、片利共生で人んちに居候しつつ、自分だけ利益を得るタイプのウデムシも居ますw

全部で10本の足がある様に見えて、足は6本、センサーとなる触肢が2本、鎌腕が2本と、部位ごとに役割が違います。

ぱっと見は全部足なので、キモイです。足の多いアシダカグモです…

特徴的なのは前腕に当たる鎌部分ですが、システムとして凶悪なのはむしろ2本の触肢。

クモと違ってあまり目は良くないので、もっぱらこの鞭の様に細い足(触肢)がセンサーの役割を果たして獲物を探します。

両肘をがっつり横に張り出して、腕を折りたたんでいるのがデフォ姿勢なので、
アシダカ野郎と比べると、空気抵抗と重さがある為か、やや機動力が劣りますが、それでもかなりの早さで移動します。

また、直進が得意なアシダカに反して、ウデムシは横への移動が得意で、左右へと素早く動くのが大きな違いです。

ウデムシは意外と頭が良い虫!

ウデムシ類は虫としては破格の知能…と言うよりは機能を有しております。

  • 同族間のコミュケーション
  • 縄張りへの帰巣性
  • 個体間の識別が可能
  • 集団行動すらできる

と、およそ大型の虫類ができない行動を取れる事が判明しております。

爬虫類でさえ、同族だろうと親兄弟だろうと認識できず、自分以外は全て餌!
なんてのがデフォなので、虫でこれらが可能となれば、それは恐るべき能力です。

特に縄張りへの帰巣性なんて、あまり例がありません…
いくつかの実験では、10メートル以上距離を離しても、1晩以内にほとんどのウデムシが元の縄張りへと帰還する…なんて報告もあります。

人間からしたら大した事のない能力ですが、虫として見た場合は、あり得ない機能です。

また、肉食の生き物なのに、その特性故に同族同士であれば多頭飼育が可能です。

ウデムシにも色々いる!

ウデムシは単一の種類を指す名前ではなく、言わば、クモやサソリと言った、科単位の名前です。

今回、ウデムシの飼育方法として紹介するのは、タンザニアバンデッドウデムシを想定した物です。

国内で最も良く流通するのが、このタンザニアバンデッドウデムシなのですが、
当然、それ以外のウデムシも流通する事はあります。

多くの場合、良くわからないウデムシは「ウデムシ」として一括りにされ販売されますので、
今回のタンザニアバンデッドウデムシを想定した飼い方が、ベストとは言えない場合もあります。
(大体の場合は、タンザニアバンデッドウデムシを想定した飼い方と同じで問題ない様ですが…)

ウデムシの毒性

完全に化け物…と言っても良い見た目のウデムシは、どうみても毒がある生き物にしか見えませんが、無毒です。

しかも臆病者で基本的には日陰者生活。外敵に襲われよう物なら、トカゲの様に足を自切して逃走します。

それでも外敵が怯まない場合は、やむを得ず触肢(センサー)を広げて威嚇します。そして最後にはそれで刺しますw

その鎌は使わないんかい!とい思わず突っ込みそうになるのですが、捕食には向いている鎌も攻撃となるとやや使い勝手が悪いようですw

気持ち悪い見た目に反して、無毒で臆病なのもアシダカ軍曹と同じようです。

ウデムシの安全性

冒頭でも述べましたが、ウデムシは三大奇虫の中では一番安全な虫です。

グロテスクな外見に反して、毒も強烈な物理攻撃能力もありません

万が一、腕で挟まれても、痛ぇ!なんだこの野郎!で済むレベルのダメージです。

  • ヒヨケムシの様に、アゴでやられたら肉ごと持ってかれたり、
  • ビネガロンの様に、炎症を起こす酸性の液体をぶちまけたりはしませんw

本当に、キモイ事以外に危険な事はありません。

ウデムシの飼育で必要な物

 

ウデムシは完全に樹上性の虫です。
ケージの中は、立体的な動きができるレイアウトにする必要があります。

  • プラケースや専用ケース(足の長さの5倍ほどの面積が、最低2面は欲しい)
  • コルクバーグや倒木、園芸用トリカルネットなど(シェルター兼任)
  • ヤシガラ土やピートモス、ミズゴケなどの床材
  • 保温用パネルヒーター

この程度の設備で飼育可能です。

ウデムシ飼育の設備構築

樹上性のウデムシは、縦に動けるスペースが必要となります。

ケージの側面には、コルクバーグやトリカルネットを、底から天井付近まで配置しましょう。

観察用に1~2面はなくても良いですが、最低2面(できれば4面全て)をトリカルネット等の登れるもので囲みます。
(上部は完全に蓋をしておきましょう。開けっ放しだと簡単にトンズラされますw)

プラケースではこうした条件を満たせるものがほとんどない為に、爬虫類専用のケージや水槽を改造して使用するのが一般的です。

アシダカ野郎と違って、ガラス面やプラスチック面を登れないので、必ず登れる為の壁面加工が必要になります。

ウデムシは、脱皮をする時など高い所にぶらさがり、重力に任せてつるん!と下に向かって剥けるタイプなので、ケージには必ず高さと登れる設備が必要になります。

この脱皮に失敗すると、それすなわち死を意味します。

虫の脱皮はヘビやトカゲと比べると、命の危険が伴う一大イベントなのです…

給水設備として水が入った入れ物だけだと、認識できない事もある為、
水入れの中にはウールマットやスポンジを放り込んでおくと、そこからちゅーちゅー吸います。
(湿度維持の観点から、霧吹きを多用する事になりますから、水入れがなくても霧吹き給水のみでもOKです)

ウデムシの基本管理(温度と湿度)

基本的には森林生活者で、多湿な環境に生きる虫なので、床材は握って団子になる程度には湿らせて起きます。

各種床材を、おおよそ5センチも敷けば良いでしょう。

安定した湿度には朝夕の霧吹きも必要です。

床材はベタベタに濡らしても、カラカラにしてもNGなので、匙加減が難しいです…

床材はいらないとの説もありますが、湿度維持の観点から見ると非常に有用です。
(汚物の浄化にも役立ちます)

床材は、握って団子になる程度を常に維持しましょう。

湿度は60%~80%程度を維持し、蒸れにも注意します。

森林の快適さを再現しましょう。

温度も25度前後をキープする必要があります。冬場はパネルヒーターなどでケージを温めましょう。

ウデムシの寿命

世界三大奇蟲ウデムシ

ウデムシは今の所正確な寿命と言う物がわかっておりません。小型種で3年程度、大型種で5~8年と言われますが、
それも正確なものではなく、あくまで同系統の虫類からの推測に過ぎません。

また、入荷するウデムシのほとんどは、野生で捕まった物が販売されるので、正確な年齢もわかりません…

とは言え、中には15年以上生きたなんて記録もあるようです。

ウデムシの値段

ウデムシもピンキリなので一概にいくらとは言えないのですが、多くの場合は数千円~数万程度で購入可能です。

とくに良く入荷するタンザニアバンデッドウデムシは5000円前後から購入可能です。

基本的には昆虫の専門店や爬虫類店の昆虫コーナーで購入する事になりますが、
最近ではネットオークションなどの通販でも購入可能です。

ウデムシの餌

ウデムシは完全に肉食なので、動物性の餌を与える事となります。

  • デュビア
  • コオロギ
  • レッドローチ

この辺りの定番餌昆虫であればどれでも利用可能です。

虫であればなんでも食べるし、場合によっては小型の爬虫類や哺乳類も食べます。

ウデムシはその名の通り、人間の腕の様な形の鎌をもっており、これでガッツリ獲物を捕らえます。

主な食物は小型の虫で、場合によっては小型の哺乳類も捕食します。
触肢で探索して鎌で捕らえる。言わば、広範囲レーダーを完備した、クモ型のカマキリです。

クモ型とは言え食事の方法は異なり、クモの場合はまずは噛みついて捕らえ、その後にケツから出る糸でグルんグルんに獲物を包んだ後、糸ごと消化液で溶かしてすすりますが、

ウデムシは糸が出せないので、そのままむしゃむしゃ食います。

ウデムシの給餌頻度

ウデムシは眼が悪いので、基本的には、体に付いている触腕に触れる事で餌を判別します。

馴れればピンセット等からにも反応するでしょうが、基本的にはばら撒き給餌がお勧めです。

常に2~3匹は餌昆虫がケージ内に居る様にしておきましょう。

食べ残しに注意!?

ウデムシは腹がいっぱいになると、食べている餌を放棄する事が多々あります。

餌昆虫の残骸はマメに回収しないと、異臭やダニの発生などロクな事がありませんので、
見つけたら即掃除するぐらいの管理体制で挑みましょう。

ウデムシの脱皮

ウデムシは樹からぶら下がる様な形で脱皮します。

ある程度上下移動できる高さと広さがないと、失敗してしまい命を落とす事になります。

不意の落命原因として多いのが、この脱皮不全となります。

また、脱皮直後は白く非常に脆いので、この間には給餌をストップさせましょう。
(普段常駐している餌虫も全て回収しておきましょう!)

コオロギ等に襲撃されたら、それだけで致命傷になります。

順当にいけば次第に元通りの体色に戻りますから、完全に元通りになったら給餌を再開しましよう!

ウデムシの繁殖形態

ウデムシもクモガタ類なので、完全に交尾と言う行動はとらず、雄が雌に精子の塊を渡すことで完了いたします。

特徴的なのは、雌が卵を抱いて守り、その後孵化した子供も背中でおぶって育てる事です。

子守をしているウデムシは、そりゃあ気持ち悪い事この上ない、ある種の地獄絵図を見せてくれますが…

自宅で海外の生き物が無事に出産した!!となると、地味に可愛くなるのも人情です…

いや、私にとってはキモイ事この上ないのですがw

ウデムシ飼育の注意点!?

ウデムシはキモイ&怖いを兼ね備えた虫ですが、高温や低温には弱く、また乾燥にも弱いです。

あくまで、三大奇虫の中では飼いやすいと言うだけで、虫全体で言えば飼い辛い種と言えるでしょう。

少なくとも、なんの予備知識もなしにいきなり購入して、無病息災で寿命まで飼える生き物ではありません…
(いやまぁ、そんな事言ったら、大体の生き物はそうですがw)

飼育の基本は、多湿なのに通気性の良い環境。と言う相反する属性を保つ必要がありますし、むやみやたらと触ってもいけません。

三大奇虫の中では無毒で攻撃性も少ない事から、触れるタイプの虫ではありますが、

触れる事と、触っても良い事はイコールではありません。

よほどの事が無い限り、ケースの中を眺める程度にしておきましょう。
ただでさえ、メンテナンスの際には移動させる必要があり、毎回ストレスを与える事となるのですから…

まとめ

ウデムシに関してはこんな所でしょうか?

いかんせん、アシダカ野郎が大嫌いな私としては、到底受け入れられないフォルムなのですが、

驚かせない限り、手に持っても高速移動しないなんて奴もザラにいて、フォルムはともかく、性質の印象がアシダカ野郎とはだいぶ異なります。

ウデムシは、キモイ虫を飼ってみたい!なんて人には特にお勧めできる三大奇虫の一角です。

ヒヨケムシは脆いし、ビネガロンは微妙に毒がある…そんな他2体と比べたら、ペットとして見た場合、ウデムシの強さが目立ちます…
(あくまで3種の中では向いているってだけですがw)

とにかく見た目がキモイ以外に、特徴はありません…

毒もなければ攻撃能力も高くありません。

見た目以外は普通の虫です。

いやまぁ、その見た目が一番ヤバイんですが…

飼育に関しては湿度の維持バランスが一番大変ですが、逆に言えば注意する点はその位となります。

同時飼育が可能な稀有な肉食虫なので、雌雄のペアが揃っていれば、いつの間にかカップリングが成立していて繁殖!?

なんて事もありえる生き物です。

湿度バランスの維持さえキチンとできれば、飼育はそこまで難しくありません。
(そこが一番難しい部分ですが…)

怖いもの見たさや、キモイ生き物が好きなら、ウデムシ飼育にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

この記事が少しでもお役に立てたのなら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました