ローズヘアータランチュラの毒性 飼育 餌 寿命入手方法 初心者にお勧め

タランチュラ…その名前だけなら誰でも聞いた事がある程に、超有名な毒蜘蛛です。

とは言え、危ないイメージだけが先行しているものの、具体的な姿を連想できる人は少なく

・でかい、
・毛むくじゃら
・毒がある

と言う点は共通しているものの、その姿形を明確に思い浮かべる事ができる人は多くありません。

それもそのはず。

なぜなら『タランチュラ』なんて名前の単一種は居ないからですw

ではなんで『タランチュラ』と呼ばれる生き物が居ないのに居るのか。

その辺りを含めて今回はこのでっかい毒蜘蛛を紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

タランチュラって、結局何者なのか??

冒頭から居ないと言ってみたり、居ると言ってみたり…
なんだか良くわからない生き物ですが…

そうです。

元々は、良くわからない漠然とした伝説の生き物でしたw

タランチュラの語源はイタリアの港町、タラント(あるいは後述する踊りのタランテラ)だと言われています。

この地方には毒グモの伝説があり、それに噛まれるとタランティズムという病を発症すると言う迷信があり、
タランティズムの患者が死なないためには、タランテラという踊りを踊ればいいと言われ、この伝承に触発されて多くの音楽や映像作品が作られたようです。

創作ブツのおかげで、恐怖のイメージと間違った知識だけが広まってしまった!

この多くの創作達のおかげで、正確な情報が伝わらずに、タランチュラの名前と怖さだけが先行して世の中に広まってしまい、現在の知名度に繋がってしまったワケです。

鮫のパニック映画が流行り乱立したせいで、無害な鮫まで悪党扱いされて虐殺された…なんて事実もありますし、人間の恐怖に対する原動力には驚かされるばかりです…

かくいう私もアシダカ野郎に出会ったら、見敵必殺!必ず殺すと書いて必殺! そんな勢いで処理して躯をさらさない限り安心できません。

まぁ、出会った当初は、「ひぇぇぇ…出たぁ…」となって毎回硬直しますが…

実際のタランチュラは?

この伝承の元になったであろう毒蜘蛛は、現在タランチュラコモリグモと呼ばれる種類で、
大型の毒蜘蛛ではあるものの、実際はそこまで強い毒性の蜘蛛ではありませんでした…

タランチュラの悪名は、大きな蜘蛛に対する恐怖自体が先行した結果、同じ地域に生息する、
1センチ程度の全くタランチュラらしくない小さな蜘蛛であるものの、危険な猛毒を持つジュウサンボシゴケグモの毒性と混同され、
30センチ近くにもなって見た目のインパクトも図体もでかい、タランチュラコモリグモの方が悪人扱いされた結果だったりします…

いつの時代も人の世は見た目のインパクトで全て決まってしまう…と言う悲劇は、蜘蛛相手でも共通のようですw

まぁ、30センチ近くにもなるでかいクモなんて、それだけで十分な不快害虫としてのポテンシャルを有してるワケですが…

コモリグモ科の悲劇

前述の様に、毒蜘蛛の代名詞ともなってしまったコモリグモ科は、なんと、当初はドクグモ科なんて露骨な科名が付けられていました…

今では特に毒性が強いワケでもないと分かり、お腹に子供を抱えて子守する事から、現在ではこちらの特徴を前面に打ち出したコモリグモ科と改名されていますが、
彼らは、間違った情報のせいで、長い間、科単位でディスられていた時代があったのです…

まぁ、腹にウジャウジャ子供を乗せている時点で、蜘蛛嫌いな身としては十分過ぎる程にギルティですが…

でかいクモ=タランチュラ!?

さてさて、そんなワケで、多くのヨーロッパ人からしたら、でかいクモ=毒グモ=タランチュラw
と言う認識が定着してしまい、新大陸に渡ってからも、でかいクモに出会う度、なんでもかんでもタランチュラ呼ばわりしてきました…

それこそ、私が大嫌いなアシダカグモも、彼等からしたらタランチュラでした。

そんなこんなで、加速度的に、でかい=毒グモ=タランチュラの図式が広まって行くワケです…

今現在タランチュラと呼ばれる連中

トタテグモ下目

Atypidae ジグモ科
Dipluridae ホンジョウゴグモ科
Hexathelidae ジョウゴグモ科
Mecicobothriidae イボナガジョウゴグモ科
Theraphosidae オオツチグモ科

クモ下目

コモリグモ科
コモリグモ属(Lycosa)
タランチュラコモリグモ(L. tarantula)

これらに分類されるクモ達が、総じてタランチュラと呼ばれる連中になります。

中でもオオツチグモ科は、でかく、ゴツク、毛むくじゃらで、全体的に重戦車みたいで迫力がある事から、
タランチュラらしいタランチュラとして、日本人のイメージと合致する為に人気が高く、、
ペットトレードで良く流通するタランチュラと呼ばれる奴等は、大体、オオツチグモ科に分類される奴等が多いです。

言わば、『タランチュラ』とは総称で、単一のクモを指す固有名ではないのです。

タランチュラって、ペットに向いてる?

向いているいないで言うなれば…向いている方でしょうか?

飼育自体は比較的簡単で、長期の絶食にも少々の不衛生にも耐えられるので、カエルやサンショウウオなどと比べたらずいぶんとマシですw

とは言え、見た目がアレで、なおかつ飼い主がなにかの間違いで怪我をする可能性もありますので、そういう意味ではお勧めできません。

そういうマイナス面も含めて、タランチュラの魅力だと言える人にはお勧めできますが…

タランチュラの寿命は?

蜘蛛全般に言える事ですが、多くの場合短命な物が多いです…

中でもオスは特に短命で、平均して3年程度。
寿命を待たずに、成熟したら交尾後に雌に食されてしまう種も多いです。

ところが、雌に限ってはその常識も当てはまらず、飼育下で外敵もおらず、
ぬくぬくと安全に餌を貰える環境では、10年以上、生きる種類もいるようです…

爬虫類や両生類はそれ自体がニッチな趣味で、一般の人々からは到底理解できない分野だったりしますが、
その「変わった趣味」の中でも、でかい蜘蛛であるタランチュラは意外とファンが多く、相応に市民権を得ているカテゴリだったりします。

それこそ、英国タランチュラ協会なんて組織があり、海千山千の猛者達による最も美しいタランチュラを決めるコンテストがあるほどに、人気のあるカテゴリです。

外国のでかい、そして悪名だけが先行している蜘蛛なので、日本では嫌なイメージしかありませんが、
言い換えれば、デカくてゴツイ、そして悪名高いは、そういうのが好きな人々にとっては代えがたい長所なのですw

加えて、種類によっては綺麗や渋いと言った色味のアレコレも加わり、タランチュラファンにとってはこの蜘蛛の存在は唯一無二だったりします。

さてそんなタランチュラですが、非常に種類が多く、また、同じタランチュラの名を冠している奴等でも、
飼育方法はバラバラで、乾燥系を好む種だったり、多湿を好む種だったりと、種ごとに様々な難易度となります。

ローズヘアタランチュラ

ローズヘアタランチュラ

そんな中、初心者にお勧めなのが、ローズヘアタランチュラ。

やっと出てきた!ローズヘアタランチュラ…w

タランチュラの入門種と言っても良いぐらいの、お手軽種となります。

そうは言っても、タランチュラはタランチュラ。
でかいクモなのでそれなりに注意点はあります。

ここからは、そんなローズヘアについて、可能な限り解説してみようと思います。

ローズヘアタランチュラの特徴

ローズヘアは別名、チリアンコモンとも呼ばれる、比較的小型のタランチュラです。

足を広げても精々10センチ程度にしかならないので、タランチュラ飼育の初心者でも、心理的な負荷が少ない種と言えるでしょう。

アルゼンチンやチリなどに生息するタランチュラで、比較的、暖かく乾燥した環境を好みます。

全身に柔らかい毛がもっさり生えている事から、ローズヘアの名が付いた様です。

ローズヘアは乾燥系なので比較的飼育が楽!?

タランチュラを飼う上で重要な要素の一つに、湿度の管理があります。

タランチュラはでかい図体に反して繊細な面があり、湿度管理が適していないと簡単に調子を崩して、あっけなく死んでしまう事が少なくありません。

そんな繊細なタランチュラの中でも、ローズヘアは乾燥系なので、湿度管理は比較的容易です。

濡らし過ぎたりするのはNGですが、日常管理は水飲みだけで湿度維持が可能です。

タランチュラの毒性

恐怖と共に悪名だけが先行しているタランチュラですが、実の所、多くの種類で毒性はそうでもありません…
噛まれれば痛いし、それなりに炎症や腫れを引き起こす可能性はありますが、最悪でも数日で治る程度の毒性です。

少なくとも、日本でペットトレードに乗るタランチュラ達は、人間が死ぬ様な毒性は持っておりません。
そんな危険な生き物では、そもそもペットとしての輸出&輸入の許可がおりませんのでw

有害な外来生物として名高い、セアカゴケグモの方がよっぽどヤバイです。

とは言え、まぁ、でかい大蜘蛛に噛まれたら普通に痛いですw 牙で人体にでかい穴が開きますので、物理的に危険ではありますw

ローズヘアの性格とハンドリングの是非

基本的に虫なので、性格の話をするのとはちょっとチガウのかもしれませんが…
わりかし大人しい性格の個体が多いようです。

とは言え、そこはタランチュラ。

手で掴んだり驚かしたりすれば、キシャー!と噛みついて来ます!?

ローズに限らず、多くのタランチュラは名ばかりの毒グモなので、毒については恐れる必要がありませんが、
デカい=牙もでかい。の理屈で噛まれるとかなりの痛手を被ります。

威嚇をしてこないからと油断して、素手でのハンドリングなどは絶対にやめておきましょう!?

特に「ぎゅ!」と握るのはスーパーNG行為です。
最悪触るとなったら、お腹から優しくすくい上げる事しかできません。

この手の生き物を飼うと、決まって触りたがる人が居ますが、基本的には爬虫類や両生類、虫や魚は、観て楽しむ物です。

触りたいのであれば、大人しく犬猫を飼いましょう。

タランチュラはけして、人に「馴れる」ことはありません。

飼い主が扱いに「慣れる」しかないのです。

意外と脆い(もろい)タランチュラ

ローズに限らず、タランチュラ全般に言える事ですが、衝撃に大して非常に脆いです。

日本の蜘蛛見たく、軽くて軽快な動きができるのではなく、重戦車の如き存在なので、
自重がある為に、高所から落下するとそれだけで致命傷となります。

カエルや蛇、あるいは日本のクモならなんともない高さから軽く落としただけで、数日、あるいは数時間後には星となりますw

ハンドリングNGはこうした不意の事故を防ぐ為のものでもありますので、無理に触るのは止めておきましょう。

どうしても触りたいのであれば、厚手の手袋をしてから、そっと腹から抱え上げて、落ちても平気な高さを維持して愛でましょう。

ローズヘアタランチュラの飼育に必要な物

タランチュラは意外と、設備自体は普通の虫感覚で飼えます。

ローズヘアは小型で飼育管理も容易なので、基本的なセットのみで飼育可能です。

  • 飼育ケース(プラケース=タランチュラのサイズの3倍以上あるもの、横幅が20センチ~30センチ程度の物)
  • 床材(腐葉土、ヤシガラ土等)
  • 水飲み
  • フィルムヒーター(冬場の保温用)

こんな所でしょうか?

地表性のタランチュラなので、飼育「だけ」を考えたらケージの高さは必要ありませんが、
「管理」を考えた場合、相応の高さがあった方が、初心者の場合はトラブルを未然に防げます。

非常に素早い種類から、トロ臭い種まで様々ですが、できるだけ大きなケースを使った方がトラブルは少ないです。

高さがないと、それだけ脱走の危険が高まりますし、メンテの際の移動にも、移動用の網やケースを中に入れ辛くなるので、
個体を触るのに抵抗感がある初心者であればあるほど、不意の事故が起こりやすくなります…

ローズヘアタランチュラの餌

タランチュラはクモなので、完全に肉食です。

自然界ではシート状の巣を地面に張って、獲物を待ち構えます。

飼育下でもこうした環境を構築しますので、餌昆虫を放り込んでやりましょう。

虫ならなんでもOKですが、

  • フタホシコオロギ
  • イエコオロギ
  • デュビア
  • レッドローチ

この辺りの定番餌昆虫なら、継続しての入手も容易なので、飼育者の好みでメイン餌を決めたら、
あとはローテーションで色々と与えてみるのが良いでしょう。

爬虫類や両生類では、単一の餌を与え続けると栄養障害を起こすので、必ずサプリメントを振りかける事が推奨されますが、
タランチュラはクモなので、直接唾液で溶かして獲物をすする為、こうしたサプリの併用はマイナスになりがちです…

栄養面の不安があるのなら、様々な虫を与える様にしましょう。

注意しなくてはいけないのは、庭先など、農薬の心配がない場所で捕まえた虫ならともかく、
虫を捕まえやすい田んぼや畑、野原などは、農薬で汚染されている事が少なくない点です。

必ず、そうした心配のない場所で捕まえた虫を利用しましょう!?

マウスもSSサイズなら食べられなくはありませんが、ピンセットや菜箸など長い得物で与えないと、誤ってタランチュラが手に飛び掛かって来る可能性もあります。
クモにとっては高カロリー過ぎて、特別良い餌と言うワケでもないので、飼育者がコオロギやデュビアなどの生き餌を維持するのが面倒などの理由がない限り、お勧めできません…

ローズヘアタランチュラの部屋掃除!メンテナンスの方法

基本的には掴む事ができないので、網や中サイズのプラケを使って移動させ、その間に掃除をします。

長い菜箸や長いピンセットでお尻をつんつんして網やプラケに移動させたら、一時的に他のケースに収容しておきます。

この時、個体が暴れたりして飼育者がびびってしまい、その個体を落としたりすると致命傷になりかねません。

また、そうした恐怖心から対応が遅れてしまうと、逃走に繋がる危険性が非常に高いです。

お勧めの移動方法としては、元々デカいケースで飼っていて、メンテの時は、中サイズのプラケそのものを横にしてローズのケースに入れてしまい、
お尻つんつんでそのプラケに移動させ、入ったら縦にしてそのまま蓋をしてしまう方法が一番無難で確実です。

部屋の中で逃げられると、よっぽどのクモ好きでもないかぎり精神的な圧迫感は半端ないモノとなりますので、
移動の際には、必ず、衣装ケースなどの超大型ケースにクモのケースごと一旦入れて、その中で移動を行うなど、トンズラ対策をしてからメンテの準備に入りましょう。

ローズヘアタランチュラの給餌感覚

1週間に1度~2度、数匹のコオロギを入れておけば問題ありません。

ローズヘアは長期間の絶食をする種なので、急に食べなくなったりしますが、これは平常運転となります。

餌を入れても反応しなくなったら、生き残った餌は取り出して、しばらくは水だけ与えておきましょう。

餌を食べなくても10か月以上平気だった!なんて言う検証結果もあるほどに絶食耐性のある種ですが、
水切れには非常に弱いので、給水だけは常に気にかけておきましょう。

ローズヘアの飼育温度&湿度

基本的には25度~28度前後で飼う事となります。

日本の気温なら、初夏~晩夏は常温で飼えますが、それ以外の季節は保温が必要な日が出てきます。

フィルムヒーター(パネルヒーター)をケースの底に敷いて、接触面積の幅を調整することで温度を維持するのが一般的です。

全体に敷いてしまうとオーバーヒートを起こした時に逃げ場がなくなるので、必ず半分~3分の1程度はヒーターが当たらない箇所を作りましょう。

湿度に関しては、水飲みを入れておくだけでなんとかなる事がほとんどです。

基本的に乾燥を好むクモなので、浅い水入れに常に水を入れておけば良いでしょう。
ただ、水入れが浅い為に、気を抜くと直ぐにカラカラになっているので、水の有り無しには特に注意しましょう!?

基本的には単独飼育!?

これも初心者に良くある謎の現象なのですが…

タランチュラに限らず、あらゆる生き物で、とにかく同じケージで複数飼おうとするケースが目立ちます。

肉食の生き物は基本的に単独飼育が原則なのですが、それ故にあまりショップでは教えてくれない大前提だったりもします。
(と言うより、店員も基本過ぎて言うのを忘れているケースがあるw)

複数飼育すると、弱い個体から強い個体の餌になってしまうので注意しましょう!?

タランチュラの入手方法

タランチュラ各種は、爬虫類専門店や昆虫専門店、あるいはネット通販で個人から購入する事となります。

オークションや個人の通販を利用するのであれば、必ず死亡到着保証があるのかどうかだけは、はっきりさせておきましょう。

タランチュラの値段

タランチュラも種類によって値段はピンキリです。

1000円程度で買える量産種から、数年に1度入荷するかどうかの10万円以上する幻種まで様々です。

また雌雄で自然界での生息数そのものがチガウ種類もおり、極端なものだと、
同じ種類だけど、♀は1万円、♂は5万円以上なんて極端な値段差もありえます。

代表的な種と、平均した値段を挙げて行くと、

・ローズヘアタランチュラ 1000円~

・メキシカンレッドレッグ 6000円~

・コバルトブルータランチュラ 6000円~

・インディアンオーナメンタル 2500円~

こんな所でしょうか?

最終的なサイズが大型になる種や、美しい種ほど高額になる傾向がありますが、
蜘蛛は大量に子供を産むので、一度定着してしまうと値崩れも早いです。また子蜘蛛の時ほど安くなりがちです。

爬虫類両生類飼育が、まだまだ市民権を得ていない時代では、ローズヘアだって2万円以上が相場でした…

現在では、ここに挙げた種以外でも1万円以下で買える物は多いです。

非常に美しい個体から迫力ある個体まで、タランチュラは種がチガウとまるで別の生き物なので、
画像を見て気に入った個体が居たら、まずはソイツの名前を憶えて検索してみましょう。

値段は割とお店や出品者で変動する事も多いです。

ローズヘアタランチュラの値段と寿命

そうそう、ローズヘアタランチュラ!

おおよそですが、

オスが1000円前後から、

メスが3000円前後から、

が、一般的な様です。

オスの方が極端に安いのは寿命が短いからで、平均して2年~3年程度。
メスは10年以上生きると言われております。

オスは交尾後にメスに食われる運命なので、繁殖を意識した場合はさらに短くなります…

まとめ

ローズヘアタランチュラ タランチュラやローズヘアタランチュラについてはこんな所でしょうか?

値段も安価で入手しやすく、飼育もタランチュラとしては簡単なので、ローズヘアはタランチュラ入門として非常にお勧めできる種類です。

とは言え、でかい、毛むくじゃら、そこそこ早い。トリッキーな動きもする。と、クモらしい特徴は十分もった輩なので、十分注意してから飼育に臨みましょう。

どんな生き物にも言えますが、舐めてかかると痛い目に合うのは共通です。

蜘蛛が総じて嫌いな私ですが、タランチュラの中には真っ青なメタリックブルーを発色する美しい物も多数おり、

蜘蛛嫌いな私でも、一概に絶対NG!と言い切れません…種によっては全然OKだったりします…

とにかく見た目が派手だったり、渋い色彩だったりと、タランチュラは種によって全く違う生き物と言えるほどの差がある生物です。

でかい、危ない、怖いと言うイメージが先行しがちですが、性格自体は温厚な種も多く、クモに拒否反応を示さない人であれば、
きっと、値段以上の楽しみを提供してくれる事でしょう。

タイトルとURLをコピーしました