ボールパイソンのモルフ(品種)!多彩なコンボから好みの種類を見つけよう!

ヘビ

ボールパイソンは、輸入当初こそ飼い難いヘビとされていましたが、飼い方が分かってからは、繁殖も容易なヘビとして一気に飼育人口が増えました。

 

一部の好事家の琴線に触れ人気に火がついてからは、とんとん拍子に品種の改良が進み、あれよあれよと品種が増えて行ったイメージのあるヘビです。

 

当初、新たな品種が作出されるスピードはコーンやカリキンほど早くありませんでしたが、確実に歩を進め、毎年品種が増え続けた結果、現在では多数のコンボがさらなるコンボを産む連鎖反応時代に突入しており、爆発的に品種の改良が進んでおります。

今回はそんなボールパイソンの品種についての紹介です。

 

例によって例の如く、ここまで改良が進んでしまうと、多すぎて個々には紹介しきれませんので、代表的な品種、および品種改良の基礎となる品種について、ざっくりと解説してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

ボールパイソンの品種(モルフ)について

 

ボールパイソンの品種(モルフ)

 

ボールも他の生き物同様、品種名がつく時には、色か模様を基準に、ノーマルと比べて変化があるものが品種となります。

コーンやカリキンなどと比べると、店独自の品種名があまりなく、既に定着した名前が使われる事が多い印象です。

 

カリフォルニアキングスネーク(カリキン)どこで買う?入手方法と値段や基礎知識!

コーンスネークのモルフ(品種)と値段!鉄板品種の色や模様は?!

 

ボールはコンボ名がそのまま全部使われたり、ボール独自の妙チキリンな名前が使われたりと、かなり難易度が高いですw

※例・スーパーパステル×ファイアー×ゴースト(←これが品種名…というよりもうコンボ(内包している血筋)紹介w)

 

上記の様な物は、見た目が奇抜になるので、多くの生き物ではなにかしら妙チキリンな品種名が付けられがちなのですが、ボールはこのように見た目の名前ではなく、血筋で語られる物も多いです。

 

ところがまぁ、パステルやファイヤーなどの名は、その妙チキリンな名前ではあるのです。

なんと言うかもう…品種については毎度の事ですが、本当にややこしいです…

 

ボールは模様の変化と色彩の変化が多様なので、かなりの品種が誕生しています。

そして、ボールの品種はなぜか、色彩変化の品種も模様変化の品種も、全てモルフと呼ばれます。

 

モルフは現在では、どんな種類でも品種と言う意味で使われがちですが、使われだした当初は模様を指す言葉だったり、遺伝子を指していたり、人によっては血統を指す言葉だったりと、なんとも曖昧だったのですが、最近では、ほぼ品種と言う意味で使われる様です。(種によっては未だに模様を指す言葉で使われてます)

 

中でもボールは、特にその傾向が強い様に思えます。

エキゾチックアニマル全般の共通用語ではあるのですが、どうやらモルフと言うのは俗語らしく、これと言った明確な定義がない様です…

 

ボールについては品種をモルフと呼ぶ表現が定着しているので、模様の変異だろうが、色彩の変異だろうが、品種は纏めてモルフと表現すると通りが良いです。

ボールパイソン ノーマル

何の変化もない、野生で多く存在する基本形は、ノーマルと呼ばれます。

一番安く、5,000円前後で買える事もあるデフォルト状態のボールです。

 

人工的な色彩操作が行われていないので、素の状態が好きな人や、初めて飼う場合の入門種としてお勧めできます。

茶褐色で地味な、最もボールらしいボールです。

 

なにかしらの劣勢遺伝を持ったヘテロである事も多く、ノーマル同士を掛け合わせたのに、いきなりアルビノが産まれた!なんて事もザラにあります。

(ボールの場合は血筋が明示されることも少なくないので、ヘテロ表記があるのがほとんどですが…)

ボールパイソン ストライプ

模様が繋がって1本になっている個体がこう呼ばれます。

そのままでは、なんだかノーマルと大差ない物ですが、完全に1本のぶっとい筋になっている物から、なんだかギリギリ繋がってる物、不規則に細く繋がっている模様までこう呼ばれるので、かなり個体差の激しい品種です。

あくまで模様を指す言葉なので、これに色彩名が加わる事が多いです。

ボールパイソン アルビノ(アメラニスティック)

品種のド定番。アルビノです。

眼の色彩が無くなり、目の血管が透けて見えるので、赤目になるのはボールでも同じです。

 

メラニン色素がないので紫外線に弱く、視力自体も悪いのがデメリットですが、ボールは黒を抜くと、白と黄色の派手な色彩になるので、不動の人気があります。

40,000円前後~50,000円前後がアルビノの相場となります。

ボールパイソン ラベンダーアルビノ

ベビーの時はほぼアルビノですが、アダルトになると体色が薄紫色で斑紋は黄色、虹彩は黄色で瞳孔は紫色と、成長に伴い劇的な変化が見られる品種です。

別名はT+アルビノ。

アダルトになった時の予想がつきにくいので、後の繁殖に明確な目的があるのであれば、アダルトサイズで購入した方が良い品種ですが、
その分、アダルトの値段は爆発的に跳ね上がります…

ボールパイソン ハイコントラストアルビノ

アルビノで白と黄色のメリハリがよりはっきりした個体を、こう呼びます。

略称はハイコンアルビノ。

逆に不明瞭になる個体はローコントラスト(ローコン)アルビノとなります。

ボールパイソン メラニスティック

黒い色素が無くなるアルビノとは逆に、黒い色素が増える品種です。

全体的に暗色になるものの、完全になくなるタイプの変異ではなく、該当の色彩が増えるタイプなので、個体ごとにクオリティ差が激しい品種です。

より漆黒に近く黒い色合いが濃い物ほど珍重されるので、値段は差があり、ピンキリです…

ボールパイソン スノー

黒と黄色の色合いが抜けた物がスノーです。

ようはアザンティックとアメラニステックの2重コンボです。

黄色味をやや残した物も多く、個体によってクオリティ差が激しいので、値段もまちまちで、安ければ40,000円前後ですが、サイズやクオリティ次第ではウン十万円に跳ね上がります…

ボールパイソン リューシスティック

アルビノとは違い、完全に白くなるものがこう呼ばれます。

日本語にすると白化。

スノーとは違い黒い色素が残っているので赤目にならず、土台となった品種で、黒目か青目かに分かれ、愛らしい顔つきのまま全体が白くなります。
目の色によって、ブルーアイ、ブラックアイと呼び分けられます。

blue/black-eye leucisticの頭文字を取って、BELとも表現されます。

♀の方が珍重される傾向にあり、60,000円前後~100,000円前後と、サイズや性別で値段に差がつきます。

ボールパイソン パステル

全体的に明るい色彩のノーマルがパステルと呼ばれます。

色彩のクオリティ差が激しく、文字通り、使う個体によって子供の明暗がわかれる品種です。

パステルは共優性遺伝なので、次の世代で即再現&即上位個体が作出可能な優良物件で、出回りだした当初はかなり高額でしたが、ブリーダーがこぞって増やした結果、一気に大暴落した業の深い品種の一つです…

ボールパイソン ブラックパステル

明るい色彩ではあるものの黒い物がこう呼ばれます…(←ややこしいw)

パステルを使った繁殖は、同じ名前でも、黄色が強い子供が欲しいのであればより黄色が強い個体を。
渋めの暗い色彩を作りたいのであれば暗い色彩の個体を選び、選別配合することで次世代の表現をある程度操作できるのが強みです。

 

パステルはノーマルより一歩踏み込んだ、品種改良の土台となる品種です。

パステルもブラックパステルも値段の差はあまりなく、イベントなど価格崩壊が起こる安い時には、10,000円前後なんてケースもありますが、平均すると20,000円程度の品種となります。

ボールパイソン スパイダー

背中の模様が細く、全体的に模様が蜘蛛の巣のみたくなることからこう呼ばれます。

模様部分が少ないので、その分、地の色合いが目立つ為、色彩を強調したい品種を作る時の基本になります。

お値段の方は30,000円前後

ボールパイソン ブラックバック

背面に斑紋が少ない、もしくは無い個体がこう呼ばれます。

黒い縦縞が入ったようになる品種です。

例によって個体差がある品種なので、クオリティや値段はマチマチです…

ボールパイソン パイボール

なんとも悩ましい、独特な変異です。

部分的に白化を起こし、それらが個体ごとに不規則なので、ノーマル部分と真っ白な部分があるので、非常にクオリティ差のある品種です。

コーンやカリキンなどではあまり見られない、独特な品種です。

 

60,000円~80,000円と、今ではだいぶ安くなりましたが、ノーマルに白いペンキでも塗ったのかと思わせる風貌から、出回りだした時のインパクトと値段は計り知れない物がありました…

一昔前は完成形の一つでしたが、今ではこれを基本に様々な色彩&模様変化のコンボも定着しており、ブリードの最前線では基本形の一つになっております…

ボールパイソン ボールパイソンの遺伝

ボールパイソンは、かなり品種ごとの遺伝が解明されている種類です。

各品種で様々な遺伝形質がありますので、事前に知っておく事で、次世代の表現をある程度操作できます。

ボールに詳しい店ではこれらの遺伝形質を把握していますので、分からない場合は購入前に問い合わせてみましょう。

優性遺伝

ノーマルに対して使うと、優性的にカラーや模様が表現される遺伝のことです。

50%の確立でどちらかの親と同じ表現の品種が産まれます。

同じ系統を掛け合わせてもスーパー体(表現がよりはっきりする上位個体)は作出できません。

例・スパイダー×スパイダーでは、ノーマルかスパイダーのみ。

共優性遺伝

同じ系統同士を掛け合わせた時、25%の確立でスーパー体(表現がはっきりした上位個体)が産まれる遺伝のことです。

例・パステル×パステルだとスーパーパステル、パステル、ノーマルが産まれます。

次世代に期待が即持てる遺伝形質なので、出始めた時にはブリーダーに重宝され高額になりがちですが、飽和状態になるのも早いので、コンボ個体ではなく1系統のみだと、数年後の暴落が著しい形質です。

劣勢遺伝

ノーマルに対して掛け合わせてもノーマルしか産まれない遺伝のことです。

例・アルビノ×ノーマルではノーマルしか産まれない。

その品種の遺伝子は持っていますが、色や模様が表現されない、ということです。

 

こうした個体は○○ヘテロと呼ばれ、同じ遺伝形質を持った個体とかけ合わせれば、親の形質を再び孫で再現できる可能性があります。

アルビノ×アルビノみたく、同系統の配合なら、次の世代で即再現可能です。

反面、量産が難しい所もあり、値崩れし難いです。

ボールパイソンってどこで買うの?

 

ボールパイソンってどこで買うの?

 

ボールパイソンは基本的に専門店で買う事になります。

イベントやホームセンターなどでも見かける機会はあると思いますが、アフターケアも考えると、専門店の中でもボールやニシキヘビに詳しい専門店を選んだ方が心強いです。

ボールパイソンの値段は?(販売店・ネット・注意点)

標準個体の子供であれば、安い時なら5、000円程度から購入可能です。

サイズや時期、出回っている量などにも左右されますが、基本個体は5,000円~10,000円位が基準と考えて良いでしょう。

 

反面、品種改良された物は10万円以上する品種も少なくありません…

飼い方やコツがやや独特で、頭ではわかっていても感覚がつかめなかったりするのは爬虫類飼育で良くあることですが、
ボールの場合はそれが致命的になる事もありますので、最初は安価なノーマルから始める事を推奨いたします。

ボールパイソンのモルフ(品種)のまとめ

 

まとめ

 

ボールの「基本的」な品種についてはこんな所でしょうか?

ここで挙げた物以外にも、モハベ、クラウン、ファイヤー、ミスティック、レッサーやバターなども、品種の基本形と言えるでしょう。

 

基本的とは言いましたが、あくまで一般的な基本なので、品種改良の最前線では既にこれらの基本を複数有したコンボ物件が基本になりつつあります。

 

ボールの値段は、それこそノーマルの5,000円前後から、最高峰品種の40万越えまで様々ですが、飼い方はどれも大差ありません。

 

基本的に美しい物や小汚い物(褒め言葉w)ほど値段が高くなるのはボールも同じです。
(場合によっては血筋のみで高額な個体も居ますが…)

 

繁殖技術が確立しており、色彩や模様が、劣性遺伝なのか、優性遺伝なのかも既に解明している種類ですので、もしも凄い好みの色合いなのに高くて手が出せない! なんて場合は、初心者でも自作を目指せるのがボールの強みです。

 

値段が高い個体は、複数のコンボで作り、なおかつ再現性が低い物となりますので、まずは比較的安価なベース品種を揃えて育成し、数年から数十年かけて「血」を育て、長期的に楽しむのも、ボールを飼育する醍醐味の一つです。

 

まぁ、出来上がる頃には大暴落してて、目指した品種が普通に買えたりするのも、この世界の怖い所ですが…

購入する時は、ボールに限らずどんな品種でもベビーほど安く、体が大きくなるにつれ高額になります。

 

ボールパイソンに強いお店で購入すると、内包している血筋や、次世代にどう繋がる可能性がある血筋なのかまで詳しく解説してくれますので、今後を見据えた飼育をしたいのであれば、必ずボールに強い店(あるいはボールに詳しい店員さんがいる店)で買う事をお勧めいたします。

この記事が少しでもお役に立てたのなら幸いです。

 

ボールパイソンの飼育方法!設備や餌、病気や寿命など注意点を紹介!

 

タイトルとURLをコピーしました