モリアオガエルをオタマジャクシから飼育!卵の孵化から餌まで詳しく解説!

カエル

モリアオガエルを飼う!となった時、多くの場合は、たまたま捕まえた個体を飼う事になると思います。

居る所には居るカエルですが、連中は基本的に高い樹の上で生活している為、生息地と自身の住居が近い人でもなければ、なかなか狙って捕まえるのは困難です。

 

そこでお勧めなのが、オタマを捕まえて育てる事です。

正直、オタマを捕まえて来てカエルにしよう!

 

なんて思う人なら、適当に飼っていてもどうにかなってしまうレベルの簡単な生き物なので、そんなに難しく考える必要はないのですが、基本的な飼い方やちょっとしたコツ、注意点、お勧めのポイントなどを紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

モリアオガエルって何科?ペットに向いてる?

 

モリアオガエルって何科?ペットに向いてる?

 

モリアオガエルは名前にもある通り、アオガエル科のカエルです。

詳しくない人からしたら、巨大なアマガエルですが、アマガエルがアマガエル科なのに対して、明確にアオガエル科と分けられているのがポイントです。

大型で良く慣れ、図太い性格の個体が多い事から、ツリーフロッグの中ではペットに向いている種と言えます。

という事で、早速飼育について解説していきたいと思います。

モリアオガエルってどこで買うの?

 

モリアオガエルってどこで買うの?

 

現在、モリアオガエルの入手方法で一番確実なのは夏場のネットオークションです。

5月~7月の産卵のピーク時には捕獲も容易なので、お小遣い稼ぎでの出品が散見されます。

 

反面それらの時期以外では見かける事も少なく、稀に出品があっても高額になりがちです。

専門店でも見かける事は稀にありますが、基本的には国産のカエルなので取り扱っていない事の方が多いです。

 

捕まえるのであれば、夜間に産卵している雌雄を捕まえるのが最も確実です。

昼間や夜間にコロコロと言った鳴き声が聞こえる、木のせり出した池や沼が出会いやすいですが、居ない所には全く居ませんので、5月~7月にかけて池の周囲に白い卵がぶら下がっていなければ、その辺りには居ません。

 

また、枝先で産卵するのは基本的に夜間なので、昼間は高い木の上で休んでおり捕まえづらいです。

総じて、アダルト個体は捕まえ辛く運要素もありますから、卵を枝ごと毟って来て孵化させ、オタマジャクシから飼った方が早いです。

モリアオガエルを買うとしたら値段は?(販売店・ネット・注意点)

無地の模様が無い個体であれば500円程度から見かけますが、体にびっしりと斑紋が入った個体は珍重され、5,000円以上の値が付くこともあります。

 

モリアオガエルは天然記念物としても有名なので、ペットとして飼うのはNGなのでは?と言う話も良く聞きますが、この種は自治体レベルや各都道府県レベルの指定となりますので、そこに該当しない地域で捕獲した個体であれば飼育可能です。

 

お店で売られている個体は、採取可能な地域で捕らえられた個体ですが、オークション等の素人採集ではNG箇所で捕まえた可能性もあります。

購入前には、必ず採集地の確認をした方が無難です。

 

 2018現在のデータ ▼

絶滅寸前(絶滅危惧種I類) - 奈良県
絶滅危惧II類(VU) - 千葉県、兵庫県、岡山県
準絶滅危惧 - 山形県、新潟県、栃木県、群馬県、長野県、静岡県、愛知県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県

 

となっているみたいですが、これらは各都道府県レベルでの指定なので、環境省のレッドリストには指定されておりません。

また、国指定の天然記念物としては、

・福島県双葉郡川内村平伏沼の繁殖地、
・岩手県八幡平市の大揚沼モリアオガエルおよびその繁殖地

が該当するようです。

ここでは繁殖地と合わせて個体も天然記念物に指定されていますので、捕獲はご法度となります。

モリアオガエルのオタマを飼うのに必要な設備や環境

 

モリアオガエルのオタマを飼うのに必要な設備や環境

モリアオガエルやオタマジャクシを飼育する環境

基本的には人間が快適と思える環境がベストなので、エアコンが完備された自室がお勧めですが、観察が行き届くのであれば、割とどこででも飼育可能です。

大きな観葉植物と共に自作の専用ケースを作って飼うのであれば、ベランダなどもお勧めです。

モリアオガエルの卵

 

モリアオガエルの卵

 

モリアオの生息地は基本的に山の中の樹の上ですが、そうした所にある池や沼はモリアオの集中的な産卵場所になっていたりもします。

彼らはヒキガエルなどと同じく、自分が産まれた池に帰って来て産卵する性質の強いカエルなので、周囲に池や水たまりが有っても、集中する池とそうでない池が明確に分かれたりする事はザラです。

 

産まない所ではいつまで経っても産みに来ない…なんて事がデフォなのですが、逆に言えば産む所にはむちゃくちゃ執着します。

池を埋め立てたので水が無くなると、雨後にできた近くの一時的な水たまりを池と勘違いして卵を産み付けたり、木が伐採されてしまい水面に張り出した枝が無くなると、無理矢理、周囲の草やコンクリ面などに産み付けます。

 

ちょっと離れた場所には産卵に適した池があるのにも関わらず…です…

私の祖父母が住んでいた所には大きな防火水槽があるのですが、ここがモリアオの産卵地でした。

 

周囲のお宅の池やお寺にある防火水槽も彼らの産卵地でしたが、お寺では周囲の木が伐採されてしまい、水槽周りにも草がないので、防火水槽はフェンスとコンクリ面だけが残されたのですが、その防火水槽の壁面で延々産み続けた事がありました…

当然、卵は孵化前に水に浸かってしまいほぼ全滅。

 

そうした事が毎年続き、最後には産みに来なくなってしまいました…

なので、まずは安定して産む場所を見つけなくてはなりません。

モリアオガエルの産卵は逆ハーレム!

モリアオは木の上に卵の塊を産み付けるだけでなく、日本のカエルとしては珍しい、一婦多夫の逆ハーレムとも思える繁殖形態を取る事で有名です。

ですが、

 

元々の棲息数が少ないとこの現象は起こらず、1ペアのみで粛々と普通に産卵が進行します。

 

また、あくまで、このカップルに群がる雄達はフラれた奴等で、メスが望んで♂を囲っているワケではありません。

フラれた非モテ♂は必死に子孫を残そうと、他人の情事に土足で踏み込んでいるワケです…

 

それでも♀が抵抗しないのは、卵塊(卵の巣)を作らなくてはいけないので、それを手伝うのだから、少しばかり卵を分けてやってもいいかな?の精神でしょうか?

まぁ、ホントの所はどうなのか分かりませんが、♂が大量に群がっている♀ほど大きく良い卵塊を作成できるのは事実です。

モリアオガエル 卵の入手方法

5月~7月ごろ、該当地域の田舎や山中の池などを周って木の上に白い塊がないか探してみましょう。

農家の人に聞いて回るのも良いですし、モリアオガエル 産卵 ○○県等で検索して居住地近くで産んでいる口コミ情報がないかなどもチェックしてみましょう。

 

色々と有名なカエルなので、情報も意外と多いです。

産卵場所さえ特定できたら、あとは簡単です。

 

多い所では毎日の様にポクポク産み付けられていますので、手の届く範囲の物を適当に採取するだけでも良いのですが、複数の枝に繋がっている事も多いので、慎重に切り取りましょう。

とは言え、根元からボキっ!とやってしまうと、次からそこに産卵できません。

 

産卵場を荒らさない様になるべく卵の周囲の枝のみ切り取りましょう。

また、卵塊が割れてしまうと、そこから乾燥して中の卵が死んでしまいます。

万が一の時には割れた部分にラップなどを張り付けて対応できますが、こちらは最終手段となります。

現場に行ったら高い木の上にしかない!なんて事もありますので、高枝切狭なども持っていくと便利です。

 

毎日産むとは言いましたが、雨の日や大潮の時期などはさらに産卵数が増える傾向にあります。

遠方に足を運ばなくてはならない時などは、行ってスカった時の精神的なダメージが大きいので、天気や潮の満ち引きなども考慮して出かけると、気休めになります。

 

オークションなどでも500円程度から見かけますが、産卵から孵化までのリミットが7日程度しかない為、輸送中に孵化してしまう危険性は高いです。

同時期には大量のオタマも似たような値段でオークションに並びますから、卵を買うぐらいならそちらを買った方が無難です。

卵塊の孵化

比較的白い物ほど新しい卵です。

反面、やや赤茶けた部分が目立つ物は産んでから時間の経った物であることがほとんどです。

 

卵の孵化にはおよそ産卵から7日ほどかかりますが、中でオタマが孵化すると卵塊はオタマの動きで溶け出して、オタマ共々水面へと落下します。

強奪してきた卵塊は、水を溜めたケースの上に割り箸や枝などで橋を作り、その上に乗せておけば安心です。

 

オタマが孵化すると、溶けた泡ごと水に落下するので、かなり濁った水になります。ケースの水量はなるべく多くしておきましょう。

オタマの数はおよそ300匹~800匹程度は出てきます。

孵化直後のオタマの管理

泡ごと落下するせいで想像以上に汚い水になりますから、完全に孵化し終わったら、半分~全部、汚れ具合に合わせて水替えします。
多くの場合、大量に居るちっさいオタマが邪魔で全部の水替えは困難ですが、可能な限り新鮮な水にした方が良いです。

 

孵化直後には良く観察して、形が他と違ったり、透明感や色合いがチガウ子が居たら、なるべく別にして飼ってみましょう。

ほかのカエルにも言えることですが、色違いなどの希少な個体は孵化直後からオカシイです。

 

アルビノなどの分かりやすい物は元より、青味の強い個体や黄色い個体などもオタマの頃から独特です。

孵化直後でないと皮膚が厚くなったり、黒い色素が定着してしまうので、判別はより困難となりますから、孵化直後にはよ~く目をこらして選別しましょう。

 

まぁ…あ、コイツ!レアかも!!と思ってキープしても、ノーマルになってしまう物の方が圧倒的に多いのですが、当りを引いた時の喜びはひとしおなのでw

モリアオガエルのオタマジャクシの餌

 

モリアオガエルのオタマジャクシの餌

 

孵化後1日~2日ぐらいはなにも与えずに観察しましょう。

孵化直後は体の横にエラが残っている物も居ますが、ほとんどの個体でそのエラが体内に引っ込んだのが確認できたら給餌を開始します。

 

モリアオのオタマは雑食性なので、何でも食べます。

・金魚の餌
・プレコの餌
・熱帯魚や観賞魚等の餌
・茹でたホウレンソウ
・茹で卵の白身(黄身は水を汚すのでNG)
・魚の死体
・オタマの死体

等々…色々な物が選択肢には上がります。

 

特に苔などをこそぎ取るタイプの口をしているので、平らなフレーク状になっている金魚の餌や、平たいタブレット状のプレコの餌はお勧めです。

モリアオガエル オタマの日常管理

 

モリアオガエル オタマの日常管理

 

毎日朝夕、10分ほどで食べきれる量の餌を与え、1日おきか2日おきに水を全部取り換えるだけで勝手に育ちます。

糞や食べ残しで水の汚れが進むと、食欲が低下してきますので、そうなる前に水替えしましょう。

 

日数はあくまで目安なので、飼っているケースに対してオタマの密度が濃ければその分頻繁に水替えが必要になります。

雑食ではあるものの肉食ではないので、ツノガエルのオタマの様に進んで共食いはしませんが、死体は食べますので、あえなき最後を遂げた兄弟姉妹がいたら、骨と皮になるまで放置しても良いでしょう。

ただし、ぶよぶよで腐った感じになってたら取り除きます。

オタマからカエルになる期間は?


モリアオのオタマは、孵化からおよそ1か月でカエルになります。

吸盤のあるタイプのカエルなので、変態が進んで前足が出ると、垂直の壁面でさえ登って来ますが、それでも水中から垂直に登るのは難い事に変わりなく、この時期に観察をサボると溺死する奴が出てきます。

 

1匹でも前足が出た個体が居ると、芋づる式にバタバタと変態が始まるので気が抜けません。

両方の前足が出てきたら、浅く水を張ったプラケースへと移動させましょう。

 

順当に行けば1週間もすれば完全に尻尾が無くなりますので、そうしたらカエルとしての飼育に切り替えます。

余ったオタマをどうするのか?

孵化直後に検品し、飼育する分をキープしたのなら、正直、そんなに多くの個体を飼う必要はないので、残った連中は元居た池に帰してやるのが一番なのですが、最後まで大量にカエルにすると、思わぬ当り(色違い)が出たりするので、私の様な好事家は基本的に全てカエルにしてから野に放ちますw

 

自宅の池に放流したり、水槽でカエルまで育てた個体を庭に放つと、アダルトサイズになった時に産卵するため帰って来る可能性がありますので、今後の楽しみも増えますからお勧めです。

モリアオガエルになった!飼育に必要な設備は?

モリアオガエルになった!飼育に必要な設備は?

 

モリアオガエルの飼育スタイルによって必要な設備は変わって来ますが、最低限必要な物は、

・プラケース(小~大サイズ)
・床材
・水入れ

この3つです。

床材はウールマットなどの人工物や園芸用の黒土などのベースアース、そこいら辺の土、ミズゴケなど、かなり自由が利きますが、天然素材は自浄作用がある為にサボれる反面、壁面が直ぐに汚れるデメリットがあります。

 

ウールマットなどはかなり長い間綺麗な環境で飼えますが、全く自浄作用が無いので、見た目は綺麗でも細菌だらけの地獄になっている可能性もあります。

 

一長一短なので、飼育者の好みに合わせて選択しましょう。

注意点としては、園芸用の土は肥料が入っている物も少なくないので、購入前には良く確認しましょう。

水入れは陶器製の物がお勧めですが、タッパーなどでも構いません。

完全に乾燥した環境になると、かなり早い段階で乾燥死しますので、ツノガエルなど同じ感覚で飼うと即死にます。

また、ポトスなどの室内の弱い光でも育つ植物を入れて飼うのも、ある程度の自浄作用が見込めるのでお勧めです。

 

エアレーションもあって悪い物ではありませんが、水中酸素の維持は毎日の水替えで十分間に合いますし、元々止水で生活する生き物なので、エアレーションの水流で余計な体力を使ってしまい、マイナスになる場合も多々あります。

【お勧めの入れ物】

プラケの中でも水を多く入れられる1,000円以上の大型ケースがお勧めです。

 

 

特に観察するつもりがないのなら、衣装ケースなどでも代用可能です。

 

1匹2匹の飼育であれば100均で売っている様な一番小さなプラケでも飼えますが、モリアオのオタマは卵ごと採取した方が確実なので、大量にストックする事になります。

 

水場には様々なカエルが卵を産むので、オタマで捕まえるとどんなカエルになるのか、慣れない人では判別が困難で、カエル化したらアマガエルだった!

 

なんて悲劇もあり得ますから、モリアオ単体を狙うのであれば、水面に張り出した枝や草に産み付けられている白い塊を強奪してきましょう。

ツリーフロッグ飼育にお勧めな観葉植物

モリアオに限らず、多くのカエル飼育ではケース内が高温多湿になりがちで、ケースを置く場所も光の少ない室内になります。

なので、これらの条件でも問題なく育つ植物が適しています。

 

ハイドロカルチャーと呼ばれる水耕栽培された植物は、それ自体が湿度維持にも貢献できるので、当然、湿度にも強く少ない光で育つので、カエルの飼育に適しています。

また、植物があると糞尿などをある程度浄化してくれます。

具体的には、

・ポトス
・フィロデンドロン
・スパティフィラム
・フィットニア

などがあります。

反面、同系統の植物でも、オリヅルランの様なモリアオガエルが休めないレベルで葉の幅が細いタイプの植物はNGです。

これらを鉢ごとケース内に入れて、カエルと同時に植物も飼育する様な感じにするのがお勧めです。

鉢の下には必ず水受け皿を敷いておきましょう。

これらの植物には、大体1週間に1度、軽く差し水する程度で管理可能です。

 

室内の灯だけでもゆっくり育ちますが、爬虫類用の紫外線ライトなどを当てればより育成も早いです。

モリモリ育ってしまうと、ケース内が植物でいっぱいになってしまい、カエルが餌を見つけ辛くなってしまうので、ある程度育ったら枝を切り落としたり、株分けしたりと都合の良いサイズになるまでトリミングしましょう。

床材のセット方法

ケース内に敷く床材は、材質に合わせて湿らせます。

ミズゴケであれば軽く握ってふんわり広がる程度に、スポンジシートやウールマットであれば厚さと同じ位に水を張ります。

 

土であれば握って団子になる程度がベストでしょうか・・・

どの床材にも一長一短ありますが、天然素材であればケースの壁面にカエルが張り付いた時に、彼らの体についた細かい汚れがそのまま擦り付けられてしまいます。

 

日に日に汚れていくので、観察がし辛く汚らしい見た目となるデメリットがありますが、土やミズゴケは糞尿の浄化もある程度こなしてくれるので、見た目の汚さに反して掃除をある程度サボれるメリットがあります。

反面、人工素材は糞尿や脱皮のカスなど以外では汚れないので、常に清潔感が保てて観察しやすいメリットがありますが、

 

全く自浄作用がありませんので、ウンコを見つけたら即取り除き、拡散を防がないとケース内が細菌の苗床になってしまい、瞬く間に汚染されてしまうので、頻繁に掃除する手間がかかります。

どちらが良いとも言い切れないので、飼育者の好みに合わせて選択しましょう。

モリアオガエルの餌は何をいつどうやってあげる?

 

オタマからモリアオガエルへ!餌は何をいつどうやってあげる?

 

モリアオガエルの餌は毎日与える必要はありませんが、与える量を加減するのであれば、毎日与えた方が良いです。

基本的に動き回って餌を取るタイプのカエルなので、代謝も早く、良く食べ良く出します。

 

コオロギであれば、毎日一匹づつ各種サプリをまぶした物を与えても、与えすぎになる事は稀です。

反面、3日に1度、ケース内にコオロギをばら撒くだけ!なんて方法でも問題ありません。

 

ピンセットからの給餌に慣れていない個体であればこの方法しか取れませんが…

いずれにしろ、給餌のバランスは少量をコンスタントに与えるのが自然の環境に近いです。

 

肉食の生き物なので、かなり長期間の絶食にも耐えられますが、ツノガエルやバジェットガエルなどと比べると、目に見えて痩せるスピードが速いです。

とは言え、与えすぎれば肥満になりますので、少量をコンスタントに与える習慣をつけておきましょう。

 

基本的に与える餌は生きている虫になります。

・イエコオロギ
・フタホシコオロギ
・デュビア
・レッドローチ

この辺りの代表的な餌昆虫が利用可能です。

動き的にはゴキ類よりコオロギ類を好むので、まずはコオロギを使用して餌付ける事をお勧めします。

 

餌のサイズは概ね、カエルの目玉2つ分ぐらいの大きさの餌が適していますが、モリアオは割と大きな物でも無理矢理に食べるので、口に入るサイズの虫であればなんでも候補となります。

注意点としては、アゴの力の強い虫は与えない事です。

 

特にジャイアントミールワームは、餌をかみ殺さず丸呑みするカエルにとって危険な餌となります。
胃に穴を空けられてしまう事も少なくないので、ジャイミルを与える時には頭を潰すか、完全に取り除いてから与えましょう。

サイズによってはコオロギも危険です。

ピンセットから食べる個体であれば、大型のコオロギは頭を潰してから与えた方が無難です。

また、これらの餌をそのまま与えるだけでは栄養バランスが悪く、長期的に見たら栄養障害を起こしますので、必ずビタミン剤やカルシム剤と言った、爬虫類両生類用のサプリメントを使いましょう。

 

最初の内はこれらのサプリメントをまぶした餌は嫌われますので、飼育に慣れてピンセットからも餌を取る様になった頃から実地しましょう。

どの虫も様々な大きさの物が販売されていますから、個体のサイズに合わせた物を使用しましょう。

 

飼育環境に慣れてこれらの餌への反応が良くなったら、必ず栄養補助の為に各種サプリメントを使いましょう。

これ等の餌だけでは栄養が偏ってしまい、長期的な飼育では栄養トラブルを起こします。

給餌の注意!?

ばら撒き型の給餌方法も可能ですが、ラクチンな反面、デメリットもあります。

・レイアウトがあると、餌を食べたかどうか確認し辛い
・餌昆虫がカエル本体に襲い掛かる

などがあります。

 

特に後者は深刻で、襲い掛からずとも体に上られただけでも恐怖を感じて、以後、その餌を餌だと認識しなくなってしまう事さえあります。

 

導入直後、人間に捕まってただでさえ気が滅入っている時にこの状況を引き起こすと、それ以降、継続入手できるコオロギ等の餌に反応しなくなりかなり面倒な事態になります。

導入直後に1週間餌を与えないのはこれを回避する為でもありますので、最初の餌やりは特に注意しましょう。

掃除方法&タイミング

立体行動をして、なおかつそこで糞尿を垂れるカエルなので、ケース内のアチコチにウンコが張り付いています。

底にあるのであれば床材と同時に回収できるのでさほど問題になりませんが、壁面にされた場合は取り除き切れない事も多いです。

 

ピンセットで取り除いてもカスが壁面に残ってしまう場合は、軽く霧吹きなどでふやかして、テッシュで拭き取ると良いでしょう。

家では大体、10回~15回ほどウンコを確認したら、カエルを取り出してケース全体の清掃と消毒を行っておりました。

 

ウンコに限らず、小便や脱皮時の老廃物など、様々な物が壁面にくっつきますので、ケースの透明感が悪くなってきたり、
薄汚れた感じがしたら完全に清掃しておきましょう。

 

大体の目安ですが、キチンとウンコを毎回取り除いていて、なおかつ土やミズゴケなどの天然素材で飼っているのであれば、3週間~4週間に1度の清掃で済むと思います。

モリアオガエルが病気かな?調子悪い?の判断の仕方や病院について

 

モリアオガエルが病気かな?調子悪い?の判断の仕方や病院について

 

いつでも隅っこで縮こまっていて、目を閉じたまま動かない。夜間にも動いた素振りが無い…

そんな時はなにかしらのサインとなります。

 

当然、そうなると餌食いも落ちています。

待ち伏せ型のカエルと違い、消化不良などのトラブルは起こし辛いイメージですが、トラブルの根本的な原因も分かり辛いカエルです。

 

家での主な死因は、掃除をサボった事による細菌感染でしたが、カエルがかかる病気にはなんでもかかる可能性はあります。

少しでもオカシイな?と思ったら、早めに動物病院を受診しましょう。

お医者さんはどこ?動物病院で良いの?

モリアオガエルも病気になったら、爬虫類や両生類を診察できる病院で診てもらう事になります。

そして、そうなった場合はマズ助かりません…

 

また、モリアオはその辺で捕まえられると言う事もあり、病院代より生体代金の方が遥かに安い生き物です。

どうしても死なせたくない!と病院へ行っても、生体代金に見合わない治療費に加えて、なおかつ、高確率で助からない事を覚えておきましょう。

 

まだまだ診察可能な動物病院自体も少ないので、爬虫類両生類の飼育は、基本的に病院を頼れない物だと、飼育の前に覚悟を決めてから挑みましょう。

旅行の際は預ける?家にほっとく?何泊までなら大丈夫?注意点

大よそですが、3日~最大10日前後は放置しても問題ありません。

サボると細菌感染の恐怖が付きまとうのは他のカエルと同じですが、壁面上に逃げられ、なおかつウンコが拡散し難い生き方をしているカエルなので、地表種と比べたら不安は少ないです。

 

とは言え、必ず、出かける前にはケージを完全清掃しておきましょう。

また、朝夕の霧吹きができないので、普段より大き目の水入れを用意し、乾燥対策をするのも大事です。

 

半端な水量だと、カエルが水分補給した時に一気に無くなる可能性もあるので、良く家を空けるライフスタイルなら、普段から大き目の水入れを使っておくのが大事です。

餌は数匹程度ならケース内に放置する形で給餌しても良いですが、入れすぎると食い残した虫が悪さする可能性がありますので、無理に与える必要はありません。

 

餌を無理に与えるデメリットは他のカエル類と同じなので、この時ばかりは絶食させても良いでしょう。

いずれにしろ放置が許されるのは最大で10日程度ですが、できれば早めに帰って来て様子を見たい所です。

 

と言うのも、ウンコを水入れの中でする事も多いので、その時ばかりはウンコ水がケース全体に拡散します。

壁面への逃走ができても、水に浸かったカエルの体自体から汚染が広がり、また新鮮な水で体の汚れを落とせないので、一気に危険度が増します。

 

観察できない時の問題は、この水場ウンコの拡散によるケージの汚染と、水切れぐらいしかありません。

カエルの飼育に慣れている人が周りに居るのであれば、清掃や餌やりを頼むのも良いでしょうが、
覚えの無い人に無理やり頼むとロクな事になりませんので、慣れていない人に頼むぐらいなら放置の方がマシです。

モリアオガエル 卵 オタマジャクシ まとめ

 

まとめ

 

モリアオのオタマや卵、飼育についてはこんな所でしょうか?

正直、入手するのが一番の難関で、飼育自体はかなり容易です。水の汚れにも強い方です。

 

飼育が面倒なら、自宅の庭にある池にオタマを放すだけでも、大人になってから帰って来て産卵する可能性がありますから、地味に楽しみが増える事でしょう。

 

とは言え、一部の地域では卵もカエルも含め、モリアオガエルの産卵地そのものが天然記念物だったり、
地区指定の保護動物だったり、あるいは卵のぶら下がっている池自体が個人の所有物だったりなど、色々と守られている事もあるカエルなので、採取する時には、その場所がそうした条件に該当しないかどうか、よく確認しましょう!

この記事が少しでもお役に立てたのなら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました