カリキンの色や模様(モルフ)白蛇(アルビノ)ラベンダーバナナ黒蛇や流通量の少ない品種も紹介!

ヘビ

 

品種改良と言うのはどんな分野でも、進めれば進める程、目的や方向性などが入り混じり多様性を増してきます。

カリキンはこの品種改良がいきすぎて、最早ドノーマルに出会う事の方が困難なペットですが、それ故に選択肢は多いです。

 

飼育が簡単なので、1匹飼うとマニアであれば2匹3匹と新たな個体が欲しくなる、非常にコレクション性の高い蛇です。

 

そこで今回は、この膨大なカリキンの品種(モルフ)についてご紹介したいと思います。

 

多すぎて全部は紹介しきれませんので、カリキンの品種の中でも特に良く見かけ名前が定着している、そんな基本的な物ばかりになってしまうのですが、そこはご容赦ください…

なにしろ、ショップ固有の名称などもあり、品種名と言うよりその個体の評価!みたいな物も多いので…

 

スポンサーリンク

カリキンの品種(モルフ)

 

カリキンの品種(モルフ)

カリキン!品種(モルフ)って結局なんなの

本来の定義はさておき、爬虫類に関して品種(モルフ)と言うのは、標準固体との違いがはっきりしており、なおかつ次の世代での再現性がある程度確立している物を指します。

種類によっては身体の大きい小さいなども含まれます。

 

犬のダックスフンドでも基本より小さければミニチュア、さらに小さければカニンヘン等と呼ばれますが、これは別種でなく、個体差のある同種を選別配合によってサイズの定着を図った物なので、品種と言った方が近いでしょう。

 

犬の場合は雑種や品種はケンネルに認められると、新たな純潔種や正式な品種として扱われますが、爬虫類の場合はこうした専門機関がありません。

なので、本来の品種としての定義より、マニアのご判断で決まってしまう部分が多勢を締めます。

 

品種名、商品名は、言った者や定着させた者勝ちの世界です。

もちろん基本的には定義どうりで収まる話なのですが、カリキンの様に増やされまくり様々な品種が溢れている種では、この「言った者勝ち」の風潮から、1代限りの美しい個体にも小洒落た名前が付けられてしまいます。

 

こうした物は、品種と言うより商品名と言った方が正確なのですが、少しでも変わっていれば付けられてしまうので、品種と混同されがちです。

さらに言えば、その一代限りの商品名から累代繁殖が確立すれば、それがそのまま完全に定着するまで、全く同じ物でも人によって呼び方が違う!なんて、さらにややこしい事態もありえます。

 

カリキンは、このややこしい状態にかなり該当する種族であり、品種名と言うより商品名で並べられている物が多いのです。

カリキンの品種(基本系)


平凡にしてドノーマル!基本にして全ての始まり

  • デザートバンデッド(白黒の横縞)
  • デザートストライプ(白黒の縦縞)
  • コースタルバンデッド(黄色と黒の横縞)
  • コースタルストライプ(黄色と黒の縦縞)
  • デザートアベラント(白黒の不規則模様)
  • コースタルアベラント(黄色と黒の不規則模様)

この6通りの色彩と模様の組み合わせがカリキンの基本系です。
(便宜上、黒と記載しましたが暗色部分は茶色に近い物も多いです)

 

どれも横文字ばかりなので馴染みがないと、「なんじゃそら?」なのですが、

色彩が、①白黒か②黄黒か、

模様が、①縦縞か②横縞か③不規則模様かの違いでしかありません。

 

色彩には2色あって模様は3パターン。

と覚えれば、品種のややこしさをだいぶ緩和できます。

かなりの品種量となるカリキンですが、どれもこれも簡単に言えば、この色が濃いか薄いか、模様が多いか少ないかでしかありません。

カリキンの品種(モルフ)の呼ばれ方

 

カリキンの品種(モルフ)の呼ばれ方

 

50/50(フィフティ/フィフティ)

白黒が半々50/50(フィフティ/フィフティ)

 

デザートバンデッドは横縞模様が白と黒で、ちょうど半々になっているか白地がやや多い物が「フィフティ/フィフティ」こう呼ばれます。品種の話で言うのなら遺伝的にはノーマルなのですが、商品名としては定着しております。

 

半々と言えど、キチンと頭の先から尻尾の先までそうなっている、通称パーフェクトバンド大変貴重で、50/50に限らず、横縞模様の個体はバンドがどこかで途切れたり、チグハグになってしまうのがほとんどです。

 

カリキンの模様は生まれた時から一生変わりませんので、パーフェクトにこだわるとなったら最後、アチコチのショップやイベントを回り、希望の子を探し続ける事になります。

バナナ

バナナと呼ばれる奴等!!黄色に着目した方向性。

 

コースタルを改良したもので、黄色の面積が80%以上ある物をバナナと呼びます。
困った事に定義が曖昧な事もあり、若干黄色が多いかな?程度でも物によってはこう呼ばれている事があります。

 

定義の関係上、バナナはストライプやアベラントに使われる品種名となります。

さらに、黄色味自体が濃い物はハイイエロー。

これは面積に限らず色の強さなのでバンデッドでも該当します。

 

また、アルビノのバナナやハイイエローであれば、ゴールデンと呼ばれたりしますので慣れない内は本当にややこしい品種です。

アルビノ

品種改良の定番アルビノ!最初の1匹を手に入れるのが大変貴重…

アルビノは品種改良の定番です。

 

と言うのも、大体の場合、劣勢遺伝なのでアルビノ同士を掛け合わせれば、ほぼ100%アルビノを作れます。
(例外もありますが…)

 

最初の1匹は何万匹の中から偶然産まれる事を祈るしかないのですが、1匹居れば、その個体を普通に合体させてノーマルな子供を取り、アルビノの因子を持ったノーマル(アルビノへテロ)となっている兄妹あるいは姉弟同士でまた合体させれば、かなり現実的な確率でアルビノが産まれます。

 

さらに言えば、既にアルビノである片親を使い親子で配合すれば、卵を複数産むため、ほぼ確実にどれかからアルビノが産まれます。

こうした近親配合は、爬虫類業界では品種改良時の最初の一歩の手法として定着しており、「え?それって健康被害とか大丈夫なの!?」と言う感覚はあまりありません。

1代ぐらいなら平気と言われてます。

 

ただ、流石にそれを延々続けると血が濃くなりすぎる為、アウトブリードと呼ばれる全く別系統の血筋を使う手法で薄めて行き、定着させます。

現在購入できるアルビノも、元をただせばこの近親配合から広がった物でしょうが、今ではほぼ、アウトブリードで定着された個体な為、健康上は問題なしの個体ばかりです。

 

生き物全体で見た場合、アルビノの方が確かにノーマルより弱い傾向にありますが、カリキンに関しては既に定着して長い年月が経っておりますので、アルビノだったから弱い。と言う話はほとんどありません。

 

子供の頃は全体的にピンク色に見えるアルビノですが、これは鱗が薄いので筋肉が透けている為、成長に伴い鱗は厚くなりますので、ピンク色の部分が最終的に真っ白になります。

成長に伴う色彩の移り変わりが顕著に楽しめる品種でもありますので、最初の1匹としてはお勧めです。

 

アルビノ因子持ちは、他の品種作成時の基盤だったりする事もあり、ハズレとして普通のアルビノが大量に出ますので、結果的にノーマルよりも流通量が多くなってしまう年もあり、値段もノーマルと大差ないか場合によっては安いです。

当たり年なら5千円前後ですが、平均すると1万円前後~2万円程度で販売されています。

スノー

アルビノの発展系スノー!まさしく白蛇です!

 

岩国の白蛇として、天然記念物に指定されているアルビノのアオダイショウなどを筆頭に、アルビノ蛇は、白蛇と言われつつも黄色い事がほとんどです。

各地の伝承やファンタジー小説に出てくる様な、真っ白で赤目のアルビノと言う蛇は実の所そうは居ません。その白蛇をカリキンで再現したのがスノーです。

 

カリキンには模様が極端に少なく白地ばかりのハイホワイトや、チョコレートなる真っ黒な品種もおりますので、それらをアルビノ化した物がスノーとされています。

ですが、昨今ではクオリティにかなりのバラつきがあり、薄くストライプやバンドの模様が残っている物まで、この品種名で呼ばれております。

 

元は完全に白一色の物を指す品種名でしたが、上記の様にクオリティ差が出始めた事で、
完全体はパーフェクトスノーなどと呼ばれ、そういった個体は珍重されやや高額になります。

パーフェクトに限らず、価格の方はクオリティによりまちまちで、大体2万円前後~3万円程度で販売されております。

 

★余談ですが。。

白蛇知名度が高く無駄に神々しいので、蛇を飼うことに抵抗のある住人や周囲にも受け入れられる可能性が高まります。

話題性があり会話のネタにもなる事から、縁起が良いなど適当な精神論で誤魔化して、むりやり周囲の理解を得るのには最適です。

ラベンダー

さらなるアルビノの発展系 T+アルビノ!ラベンダー

本来、黒い色素を持たないのがアルビノです。

ですが、アルビノの癖に黒い色素を作り出すチロシナーゼだけは残ってしまったのが、T+のアルビノ。

このラベンダーです。

 

黒い色素がないのに色素を作り出す因子だけはある!と言う矛盾した存在の為に、その色彩もなんだか表現し難い物になります。

言い換えれば、色の濃いアルビノです。

 

クオリティもかなりバラつきがあり、薄いラベンダー色した物から葡萄色の濃い物まで様々です。元がコースタルなのかデザートなのか、バンドなのかストライプなのかでも印象がかなり変わる品種です。

価格の方はやはり2万円前後から。

このぐらいの価格がカリキンの値段の基本値です。

 

良く見かける定番品種はこんな所でしょうか?

これらの代表的な品種の他にも、真っ黒になるチョコレートや、なにが起きてるのか良くわからないけど やたらと透明感の強いゴーストなど、とにかくカリキンの品種は多様性があり、模様なども含めたら1匹として同じ個体はおりません。

 

専門店でも大量に扱う事は少ないので、本気で好みの個体を探すとなればものすごく大変ですが、業者やショップが集まるイベントで探すと、ひょっこり出会える可能性も高まります。

海外のイベント等に出向き、店主が自ら現地で仕入れている店に頼むのなども現実的な方法です。

 

それでは次にそれほど流通量が少なく、目にする機会が少ない品種について解説してみようと思います。

情報が乏しい品種もあり、薄っぺらな解説しかできない物も含まれますが、可能な限り詳しく解説していきます。

カリキンの色や模様(モルフ) 流通量の少ない品種

 

カリキンの色や模様(モルフ) 流通量の少ない品種

 

カリキンの品種名は、主に色の違いか模様の違いに着目されて名づけられます。

色合いは明確な定義があるのでまだ分かりやすいのですが、模様に関しては少しでも変わっていれば、ブリーダーやショップが独自の名前をつけてしまう事も多いので、かなりややこしい物となります。

 

似たような物でもA店とB店で名前が違う!と言う物や、聞きなれない品種名が多いのも、模様関係の品種である事がほとんどです。

なので、明確な定義があるもの以外は極力模様の品種を除外して、色彩に絞って取り上げて行こうと思います。

チョコレート

黒くすると言う方向性!?チョコレート!

 

真っ黒な物や、全体的に茶色がかった暗色のみで統一された物が、チョコレートと呼ばれる品種です。

本来はメラニスティックと呼ばれる色彩変異ですが、カリキンに限らず特有の品種名を付けられる事が多いです。

 

シマヘビなど、日本の蛇がこの状態になった物はカラスヘビと呼ばれます。

 

カリキンについてはスノーの原型とも言われておりますので、元々は模様のない物を指す品種名でしたが、現在ではこちらもクオリティの差が激しく、薄くバンドやストライプが入ってしまう物までこの名前で呼ばれております。

全く模様のない物は、スノー同様珍重される傾向にあります。

チョコレートゴースト

最も悩ましい品種の一つ。チョコレートゴースト

 

チョコレートとは言うものの、上記のチョコレートの様な全身が黒い物ではなく、全体的に謎の透明感に溢れた物です。

なにが抜けているのかさっぱりなのですが、ある程度まとまって増やされておりますので、遺伝する変異のようです。

 

明色部分がかなりの透明感をかもし出し、引きずられるように暗色部分にも相応の透明感がありますので、この不思議な質感がゴーストの由来となっております。

暗色部分が茶系のカリキンではチョコレートの名を冠する事が多いですが、単にゴーストと呼ばれる場合もあります。

 

この透明感は肉眼で確認すれば一目瞭然なのですが、かなり画像に反映されづらく、写真だけ見たら普通の個体との違いが良くわからない場合も多いです。

リバースワイドストライプゴースト

ゴーストの発展系。リバースワイドストライプゴースト。

 

1本のみのストライプで幅が広い物をリバースワイドストライプ(あるいは単にワイドストライプ)と呼ぶのですが、これのゴースト版がリバースワイドストライプゴーストです。

無駄に名前が長いのが特徴です。

 

ワイドストライプと呼び分けられるほど、幅の広いストライプ自体が少ない事もあり、この名前で呼びわけられる物も限られる様です。

難点としては、暗色部分が多くなりますので、透明感が売りであるゴーストのありがた味が減ってしまう点でしょうか?

 

私は、カリキンの中ではゴーストが一番好みの品種でしたので、家でも是非再現したいと思い種親として購入しましたが、

優勢遺伝するストライプ同士でも、ワイドストライプの幅はその限りではないようで、生まれた子供は普通のリバースストライプばかりでした…再現性に乏しい為か、流通自体も少ないようです。

レモンスノー

カリキン最高峰品種の1つ。レモンスノー

 

ゴーストのアルビノがレモンスノーです。

透明感があるアルビノで、うっすら黄色がかっているのが特徴です。

 

画像ではやはり透明感が伝わり辛く、薄いレモン色も確認し辛いので、言われなければ画像だけではスノーとの見分けがつきません。

 

遺伝的には再現性のある品種のようですが、組み合わせの関係上、期待値そのものが低く、産まれる可能性があるカップルでも、再現できるかどうかは運次第となってしまうようです。

なので、稀に入荷があっても極少量となり、非常に高値安定の品種となっております。

ラベンダースノー

ほとんど見かけない!ラベンダースノー!?

ラベンダーの模様なしが、ラベンダースノーです。

 

全体的に薄い紫~濃い紫一色で統一されており、模様が皆無な為に非常にソリッドな感じの独特な趣をもった品種です。

 

この品種については情報不足だったので、記事作成に伴い若干調べてみたのですが、名前で検索しても、出てくる画像の多くは通常のラベンダーかただのスノーばかりでした…。

 

極一部のショップの過去ログにのみ存在が確認できましたので、かなり限定的な物の様です。

日本人好みの幽玄な色彩になりますので、安定生産が望まれる品種です。

ハイポ

半端にくすんだ色合い。ハイポ

 

正式にはハイポメラニスティックと呼ばれる変異ですので、略してハイポと呼ばれています。

黒色素が著しく減少した色素異常(あるいは個体差)に使われる品種名です。

 

薄くぼやけた様な色彩から、ノーマルと大差のない濃い物まであり、こちらも個体によってクオリティ差が激しい品種です。

改良が進んでいる爬虫類の中では、アルビノと並んで定番の品種なのですが、カリキンの場合はいまいち定着していないのか、見かける機会が少ないようです。

チョコバナナ

超小汚い!?だがそれが良い!!チョコバナナ

 

バナナのメラニスティックがこのチョコバナナです。

腐ったバナナみたいな色彩になります。

 

一応、マニアの間では定着している品種名のようですが、この手の曖昧な色彩型の品種は明確な区切りがない上に、クオリティ差も激しい事から、人によっては単に小汚い色合いのノーマルとして処理してしまう事もあるようです。

 

実際に、もう少し黄色or黒味が強ければチョコバナナだったのに…と言ったおしい個体であれば良く見かけます。

なので、総合ショップの片隅ではノーマル扱いだった…。なんてロマンもありえる品種です。

 

爬虫類の場合、選んで買える状況ならば、誰が見ても美しい個体か、誰が見ても小汚い個体(褒め言葉)を選ぶと、後々繁殖を考えた場合などに、楽しみが増える可能性が高まります。

 

爬虫類の色彩!アルビノだからって白いとは限らない!色彩変化(色違い)の基本!

カリフォルニアスネークキング(カリキン)どこで買う?入手方法と値段や基礎知識!

カリフォルニアスネークキング飼育方法!餌や寿命病気など飼い方全般!

 

まとめ

 

まとめ

 

今回は前回と違い、あまり見かけない品種に絞ったこともあり、ご紹介した多くの品種は、欲しいと思っても現物になかなか出会えないばかりか、仮に見かけても、カリキンとしては高額な部類で手を出しづらい物ばかりになります。

ですが、

カリキンの楽しみは、そういった手に入り辛い品種でも、自作できる可能性がある事です。

 

ゴーストやラベンダースノーの様な物であれば、どうしてもその系統の親が1匹は必要になりますが、チョコバナナやハイポであれば、なにかの拍子にポコっ!と出てもおかしくない変異(あるいは個体差)です。

 

実際に目的を持ってゼロから増やすとなれば、数年がかりの数世代に渡る大計画となりますが、それだけ長く付き合えて楽しめると言う事でもあります。

お手元に雌雄がいるのでしたら、是非とも繁殖にチャレンジしてみてください。

この記事が少しでもお役に立てたのなら幸いです。

爬虫類の色彩!アルビノだからって白いとは限らない!色彩変化(色違い)の基本!

カリフォルニアスネークキング(カリキン)どこで買う?入手方法と値段や基礎知識!

カリフォルニアスネークキング飼育方法!餌や寿命病気など飼い方全般!

 

タイトルとURLをコピーしました