小学生の自由研究におすすめ!昆虫ハンミョウの生態と捕獲方法!

ハンミョウ

ハンミョウ。漢字で書くと斑猫

読み方からも字からも、現物を想像し辛いこの生き物について、詳しく知っている人は、実の所、あまり居ません。

 

正直、私も興味が無かった時には、何それ美味しいの?状態でした。

ところがどっこい、

この昆虫は非常に美しく、かつペットとして見た場合は、かなり飼育が面白い方に分類される昆虫なのです。

 

プチレア昆虫ですので、小学生の自由研究などにもおすすめです!

今回はそんなハンミョウについて紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

ハンミョウって、何者なのか?

ハンミョウはコウチュウ目オサムシ科(またはハンミョウ科)に属する昆虫です。

分かりやすく言えば、マイマイカブリの仲間でしょうか?

と言っても、サイズは精々20mm程度の非常に小さな昆虫です。

 

マイマイカブリのミニマム版と考えるとなんとはなしに形をイメージし易いですが、現物は全く別物となります。

黒一色の地味なマイマイカブリと比べたら、サイズ以上に色彩差が目立つカラフルな生き物です。

ハンミョウは最強昆虫説

ハンミョウは強靭なアゴ堅い体、そしてなにより異常なまでの瞬発力を持っている為に、

全ての昆虫を同じ大きさにして戦わせた場合、最強の昆虫なのではないかとも言われています。

 

この「最強」と言う単語に惹かれる男子にとっては、カブトムシ以上に飼ってみたくなる昆虫ではないでしょうか…。

 

実際、同じ大きさ~やや大きい程度の昆虫を飼育ケースに放り込むと、ほとんどの場合、餌として食い殺されます…。

ハンミョウの形態

ハンミョウは国内の昆虫ではタマムシに匹敵するほどに美しい昆虫です。

基本的な色彩はメタリックブルーで、なおかつここに赤や緑が加わり、非常に派手で目立つ存在です。

 

小さくて速いので、この美しさが目に留まる事がほとんどなく、出会ったとしてもスルーされがちですが、ハンミョウの色彩を見て汚いと言う人は稀でしょう…

 

とは言え、ハンミョウはマイマイカブリに近い生き物です。

基本的には生きている他の昆虫を襲って食べる肉食ハンターです。

 

美しさに反して、凶悪なアゴと瞬発力を有しています。

綺麗だからと素手で適当に掴むと、ガッツリ噛まれて「痛い!」と叫ぶ程度には痛い目に合うので注意しましょう。

(とは言え、相手が小さいので大ダメージにはなりませんが…)

ハンミョウの生態

ハンミョウの別名には「道教え」「道しるべ」と言う物があります。

 

開けた林道や河川に多いこの昆虫は、なぜか人が近づくと、道沿いに数メートル飛んで逃げては「後ろを振り返る」と言う、謎の逃走方法を繰り返し、道なりに延々と逃げ続けます。

 

逃げるのなら、素直に脇にある草むらに飛び込めばいいのに、なぜか道沿いに逃げ続けるのです!

 

その有様から道教えなる別名が付いたのですが、執拗に追いかけるとスタミナが尽きるのか、段々と飛ぶ感覚が狭くなり、最後には飛べなくなってしまい、かなり接近する事が可能となります。

 

捕獲するのであれば、この疲れ切った所を抑えるのがベストですw

 

とは言え、執拗に追跡すると脇の草むらに逃げる事も少なくありませんので、道教えの名があるものの、実際に道に迷った時などはイマイチ役に立たちません…。

 

成虫は春から秋頃まで見かける事が可能ですが、割と自然が残っている場所にしか生息していないので、狙って出会える存在ではありません…。

 

一応、都市部の河川や公園などでも生息している所はあるようですが、基本的に良く見かける生息地は、水辺周辺の林道や丘の周辺など、水場や草木があるのが前提となります。

大きなアゴで獲物を捕らえる様が猫の様だからと、斑猫の名が付いた様ですが…正直な話、全然全く猫っぽくはないです。

完全にグロ案件です…。

 

飼育の際には定番のコオロギ等を餌として与えるワケですが、カエルやヘビみたく丸呑みにするのではなく、生きたままネチネチ肉をちぎって食べるので、獲物の悲惨さは目を覆いたくなるレベルです。まさしく拷問処刑です…。

 

とは言え、英名もタイガービートル

学者からしたら、やはり猫っぽいのかもしれません…

毒のあるハンミョウも居る

ハンミョウはハンミョウでも、道教えと呼ばれる物はナミハンミョウの事です。

  • マメハンミョウ
  • ヒメツチハンミョウ
  • キイロゲンセイ
  • マルクビツチハンミョウ

これらはハンミョウはハンミョウでもツチハンミョウに属する物となります。

 

ナミハンミョウほどではないですが綺麗な見た目の奴もいますので、注意が必要です。

これらのツチハンミョウはを持っていますので、無暗に触れてはいけません。

ハンミョウの幼虫

ハンミョウは幼虫の頃からエグイ生き物です。

 

橋の下などの雨の当たり難い硬い地面や砂地に丸い穴を開けて潜んで居ますので、意外と見つけやすいですが、

人が近づくと穴の奥に引っ込んでしまいます。

 

地面で円形の穴を見かけたら、しばらくじっとしたまま観察してみましょう。

ほどなくして、黒い頭をした幼虫がまるで蓋をするかの如く奥から出て来る事でしょう。

 

ただし、ものすごくキモイです。

キモイと言うより気持ち悪いです。

 

オブラートに包んでキモイなんて言う余裕はないぐらい、ハンミョウの幼虫は姿形が気持ち悪いのです。

私はゴキブリだって素手で掴めますが、ハンミョウの幼虫を素手で持つのは嫌です…。

 

いや、ゴキも汚いから素手では触りたくないですが…w

成虫の美しさとは似ても似つかぬ生き物なので、成虫と比べて捕まえるのは容易でも別ベクトルの大変さが加わりますw

 

生態もエグく、巣穴付近を通った虫などにB級ホラー映画のモンスターの如く飛び出して噛みつき、巣穴へと引きずり込んでむしゃむしゃ食べます。

 

プラケースで観察していると、それなりに楽しめる生態ですが、その楽しみ方は完全にホラー映画とかスプラッタ映画を楽しむ時のノリです…。

親を飼う時もそうですが、この手の映画がダメな人には無理な生き物となります。

ハンミョウの捕獲方法

 

ハンミョウの生態は上でも書いた様に、割と素早く飛んで逃げます。

スタミナ切れを狙った執拗な追跡も、草むらに逃げられると失敗に終わります。

 

 

なので、ほどほどの所で網を使った捕獲をするのが一番効率的です。

数回飛ばせば、おのずと

  • その個体がどの方向に飛びやすいのか?
  • どの程度近づくと飛ぶのか?

の見当が付きますので、落ち着いて方向やタイミングを計り、捕獲しましょう。

幼虫は穴を見つけたら草を使って釣り上げるのが一番簡単です。

穴周りでフラフラ揺らして噛みつかせるのも良いですが、穴の中に草を入れると、ゴミが巣穴に入ったと認識するのか、しばらくすると押し出して来ますので、地上付近まで来たら一気に草をひっこぬけば釣り上げる事が可能です。

ハンミョウについてのまとめ

 

まとめ

 

  • ハンミョウは小さいながらも非常に美しい昆虫。
  • 美しさに反してエグイ捕食方法を取る肉食ハンター。
  • 道教えの別名があるほどに、道沿いに逃げる習性がある。
  • 同じハンミョウでもツチハンミョウ科は有毒生物なので注意!
  • 捕まえるのなら、網を使うのがベスト。
  • 幼虫の捕獲は草で釣るのがベスト。

ハンミョウについてはこんな所でしょうか?

 

純粋な色彩の美しさだけで言えば、ハンミョウはタマムシより綺麗な昆虫です。

 

サイズが小さい事と、凶悪な生態の為にイマイチ取り上げられる事の少ない虫ですが、

年々その数も減らしているプチレア昆虫なので、

機会がありましたら是非とも捕獲に挑戦してみてください。

 

次回は、ハンミョウの具体的な飼育方法について解説してみようと思います。

プチレア昆虫ハンミョウの飼い方!飼育設備や日常管理と注意点

タイトルとURLをコピーしました