バジェットガエルをオタマジャクシから飼育!餌や寿命まで徹底紹介!

カエル

バジェットガエルは、ほぼ完全水棲のカエルです。

少なくとも、飼育下では陸地を設ける必要はありません。

 

カエルの中でも、水棲に特化した種はそこまで多くはありませんが、実の所、カエルと言うカテゴリで言えば、この水棲のカエルは非常に飼育し易く、半水棲種や樹上種(ツリーフロッグ)などと比べたら、初心者に特にお勧めできる種類です。

 

今回はそんな水棲ガエルに属する、バジェットガエルの飼育方法について、餌や寿命、設備まで徹底解説してみようと思います。

スポンサーリンク

バジェットガエルをオタマジャクシから飼う

 

バジェットガエルをオタマジャクシから飼う

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki


独特な容姿
で人気の高いオタマですが、特に難しい事はありません。

毎日アカムシを与え、毎日水替えするだけです。

 

アカムシは想像以上に水質の悪化を招きますので、24時間で若干残す程度を意識してどばっと1度に与えるか、1~2時間で食べきれる量を、日に2回~3回ほどに分けて与えます。

 

小サイズのプラケースで十分飼育可能ですが、慣れていないのでしたら、中サイズを使って水量を多くした方が無難す。

孵化からおおよそ1か月でカエルになりますが、前足が出たら、水深をカエルに適した立ち上がって水面に顔が出る程度の物に下げます。

 

前足が出たらカエル化が急速に進み餌を食べなくなるので、そこで給餌はストップします。

内臓の作り替えに伴い、腹の中に残った糞を出し終わるまで排便を続けますので、綺麗な水質を維持しましょう。

バジェットガエルの飼育方法

バジェットガエルの飼育方法

バジェットガエルの飼育に必要なもの

熱帯魚感覚で飼うカエルですが、必要な物は、

  • プラケース(中サイズ~大サイズ)

これだけですw

 

♂であれば中サイズで終生飼育が可能ですが、♀では手狭になるので大サイズを使いましょう。

とは言え、これだけだと冬場は乗り切れません。

 

冬眠させずに飼育するのなら、追加で、

  • 水中ヒーター&サーモスタット
  • ヒーターカバー

あるいは、

  • フィルムヒーター

上記のいずれかが必要になります。

 

サーモスタットと水中ヒーターは一緒になっている物がほとんどですが、中には別売になっている物もありますので、購入の再には良く確認しましょう。

特に爬虫類専用のサーモスタットを使わずとも、熱帯魚用で十分対応可能です。

 

ヒーターカバーは無くても大丈夫ですが、そのままでは火傷する可能性も大いにありえます。

水中ヒーターを選択するのなら、カバーも同時に買う事をお勧めします。

 

飼育ケースはプラケース以外の水槽など、水を貯められる物ならなんでも利用可能ですが、メンテナンス効率を考えたら、圧倒的にプラケースが有利です。

 

特に紫外線ランプなどは必要ありません。

あっても悪い物ではないですが、やはり、メンテナンスの効率的には邪魔になります。

バジェットガエルの飼育設備!(基礎)

バジェットガエルは水棲のカエルとは言え、カエルなので肺呼吸です。

水面に顔が出せないと溺死してしまいます。

 

なので、大事なのはその水深です。

 

プラケースに水を貯めるだけで飼えますが、一歩間違えたらあえなく、お星さまになってしまいます…

 

基本的に水深は、バジェットガエルが立ち上がって足を延ばした時に、無理なく顔が水面に出る程度の深さを限界値にします。

足を底から離さなければ顔が水面に出せなかったり、常に浮いている様な状態ならNGです。

 

慣れない内はあまり深くせずに、体高の3倍程度を意識すれば良いでしょう。

のびのびと立ち上がれないとストレスを感じる個体も居ますので、感覚を覚えたら少しずつ水位を上げて、立ち上がって丁度顔が水面に出るぐらいを維持しましょう。

 

また、基本的に砂利や砂は敷きません。

メンテナンス効率が落ちると言うのもありますが、誤飲の可能性も高く、ビーズやビー玉などは絶対に入れてはいけません。

 

水棲ガエルですが、肺呼吸なのでエアレーションも不要です。

バジェットも待ちぶせ型で非常に大食漢のカエルなので、必ず1匹づつ個別に飼育します。

バジェットガエルの飼育温度

 

基本的に25度前後を意識すれば問題ありません。

都内であれば、5月~10月ぐらいまでは無加温で飼育可能です。

反面、冬場は保温が必要になります。

 

水中ヒーター&サーモスタットで飼うのであれば、サーモスタットを25度前後に設定して、ヒーターを底付近の壁面に吸盤で張り付け設置します。

 

ケース内をそれらで圧迫する事になるので、できれば大サイズ以上の物を使い、カエルが動けるスペースをなるべく確保しましょう。

反面、フィルムヒーターは温度設定できる物は少なく、自動で一定の温度を保つので、ケースの外側に張り付け、底や横に密着させて使用します。

サーモスタットとフィルムヒーターのメリット・デメリット

サーモスタットを使う場合のメリットは、水温管理が確実に行える点ですが、メンテナンスの際に毎回取り出さなくてはならず、面倒です。

 

ささいな事ですが毎度の事なので、電源を切り忘れたまま先にヒーターを取り出してしまいそのまま放置してしまうと、サーモが働かずオーバーヒートしてしまい、下手したら火事になりかねません。

 

熱伝導率が良い水中では水温をサーモが感知してスイッチを切ってくれますが、空気中では延々スイッチが入ったままになる為です。

最近の物は異常を感知すると、そのまま使用不能(自爆)になる事で、自ら壊れて火事を未然に防ぐ機能が備わっている物が多いですが、

 

未対応の物もありますし、なにより確実に壊れるので、買いなおす必要があります。

水中ヒーターを使う場合は十分気を付けましょう。

 

逆にフィルムヒーターは安価でそうした危険も少なく、使ったとしてもメンテナンス効率にあまり影響はありませんが、外側から間接的に温めると言う仕様上、完全に温まりきらない場合もあり、やや不安定なのがネックです。

 

極寒地域や極端に気温が低い時などは、役に立たない可能性もあります。

この場合は、フィルムヒーターごと飼育ケースを発砲スチロールなどの箱に入れるなどして、熱効率を上げる事で対処しますが、観察がし辛くなる上にメンテナンス効率も落ちるので、設備にかかる費用が安く済む以外のメリットが無くなります…。

 

一番楽なのは、25度前後に保たれた温室にプラケースごと入れてしまう事ですが、バジェット単体を飼うだけの為に温室を用意するのは現実的ではありません…。

 

ただ、複数のバジェットやツノガエルなど、他の生き物達も同時に飼うのであれば、お勧めです。

バジェットガエルの日常管理


基本的には、餌を食わせる事と、汚れたら水を換えるだけです。

特に糞を確認したら、即水替えです。

水をこぼしてケースを軽くすすぎ、また元の水深まで水を貯めるだけです。

 

1か月ほど、この手抜き掃除を続けると、水垢老廃物で壁面や底がぬるぬるしてきますので、そうなったらスポンジなどでこすり落とします。

それだけをキチンとこなせば、早々死にません。

 

糞をしていなくても、餌の残りカスが浮遊していたり、少しでも水の透明度が下がったな?と思ったら、念のため換える事を推奨します。

 

糞以外でも脱皮した皮が浮遊していたり、小便で濁ったりもしますので、そういった場合でも即交換しましょう。

割と頻度は高くなりがちですが、魚と違い頻繁に水替えを繰りかえすと綺麗な水過ぎて死ぬ!なんてことはありません。

 

念のためカルキ抜きを使用し、水温も同じぐらいに調整した物を使用すれば完璧です。

バジェットガエルの餌!種類や頻度

 

バジェットガエルの餌!種類や頻度

 

子供の握り拳ぐらいのサイズまでは、10日で2回~3回ほど。

平均すれば3日で1回ですが、与える餌や量、消化の速度などを考えて調整します。

1年を超えたら7日~10日に1度で構いません。

 

概ね、1度の餌の大きさは頭の半分ぐらいか、それよりちょっと大きいぐらいがベストです。

頭と同じぐらいの餌でも飲み込みますが、慣れない内はこの位のサイズを意識して与えましょう。

 

1か月以上餌を与えなくても死ぬ事はありませんが、与えすぎたり消化不良を起こしたりすると、死にます。

この辺りは他のカエルと同じです。


与える事が可能な物は、ツノガエル専用フードマウスコオロギデュビア魚類川エビ肉片等々…

ツノガエル系が食べる物ならなんでも与えられますが、長期飼育を目指すなら、バランスの良いツノガエル専用フードがお勧めです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イモリ ツノガエル 餌 フード/ レパシー スーパーフード ミートパイ 12oz(340g)
価格:3480円(税込、送料別) (2018/10/13時点)

 

楽天で購入

 

 

ですが、専用フードは与えすぎると体内にガスが貯まってしまう場合があり、浮袋が延々膨れ上がってしまうトラブルがあるので、ツノガエル用の専用フードを与える時は、頭の半分ぐらいの量を維持しつつ、経過を見ます。

 

体質的に受け付けないという子は少量でもガスが貯まってしまうので、他の餌を与えましょう。

バジェットガエルの病気

 

バジェットガエルの病気

 

丈夫なカエルですが、水質の悪化を放置すれば病気になりますし、状態も崩します。

逆に言えば水質だけ維持してれば早々トラブルを起こしません。

 

多くのカエルを飼育してきましたが、水棲種ほど楽なカエルはおりません。

しかし餌食いが極端に落ちたり、毎日の様に脱皮の皮が漂っている場合はなにかしらのサインになります。

 

水棲なので、綺麗な環境を維持しやすいカエルですが、掃除を怠ると細菌感染を起こしたり糞尿から自家中毒を起こすのは他のカエルと同じです。

不自然に身体が膨らんで潜れない場合も、体にガスや空気が溜まって居て危険な状況です。

 

体にガスが溜まって潜れない時は、しばらくすれば自然と回復しますが、この時は歪な姿勢しかとれないので、体力の消耗も激しいです。呼吸がしやすい水深に調整してやりましょう。

 

常に水中に居ますから、湿度不足からの脱皮不全を起こし難く、脱皮不全→患部に細菌が貯まる→全身に感染→死亡!の王道コンボも起こし辛いですし、水量が多いので、糞をしても自家中毒を起こすまでにかなり猶予があります。

 

糞をした場合、とんでもなくでかい奴でもない限りは、自家中毒を起こす前に汚水で細菌が繁殖→感染症!の流れで病気になります。

(基本的に糞=水替えなので、このトラブルもまず起こりません…)

 

病気になったり、突然死したりするのは、一番の理由はメンテナンスをサボった結果で、汚水を原因とした感染症です。

 

次点で、餌のやり過ぎや消化不良を起こしたりする突然死です。

これ以外にも当然、カエルがかかる病気ならどれでもかかる可能性はありますが、バジェットのトラブルの多くは、水質の清潔さを維持しなかった場合か、食事関連になります。

お医者さんはどこ?動物病院で良いの?

基本的には動物病院に行く事になりますが、まだまだ爬虫類両生類を診察できる病院は少ないです。
特に両生類は診てもらえないケースも良くあります。

近場の犬猫病院に相談すれば、近隣の診察可能な病院を紹介してくれる事もありますので、まずは動物病院に相談してみましょう。

旅行などの際は預ける?何泊までなら大丈夫?注意点

基本的には10日ぐらいなら放置しても問題ありませんが、家を空ける前にはウンコを出しておくのが重要な点です。

2週間以上前から餌を止めて、全部出し切るのが理想的です。

 

万が一、旅行中にウンコをしてしまうと水中に拡散したウンコで瞬く間に環境が汚染され、中毒を起こし死亡してしまいます。

必ずウンコをしたのを確認してから出かけましょう!

 

綺麗な環境になると排便する可能性が高まるのはツノガエル類と同じですので、この時ばかりは1日起きぐらいに水替えして排便を促します。
(逆にあえて数日間はやや古い水を維持して、一気に綺麗な水にするのも効果的です)

 

予定通りにしてくれず当日を迎えてしまった場合には、大きな水槽に移して水量を多くし、ウンコが拡散した時の濃度を下げる方向で対処します。

この時でも水深自体は変えられないので、想定よりかなり大きなケースが必要になります。

 

仮にウンコをしていても、体の中にはまだ残っている事もあるので、家を空ける前にはウンコをしようとしまいと水量を多くした方が安心できます。

 

カエルに抵抗がない人が身近に居るのなら、ウンコの有無だけでもチェックを頼むと良いでしょう。
水替えまで難なくしてくれる人なら完璧です。

バジェットガエルの寿命

手元のバジェットではオタマから計算して最大で17年生きた個体が居ましたが、今現在でも16歳の個体が居ます。

流石に10歳超えると繁殖は厳しい感じですが、かなり長生きするカエルです。

 

平均すると5年~8年前後と言われています。

野生下では外敵による襲撃だったりがあり、そういった事故を含めた平均値ですが、飼育下では、このぐらいの歳になると長い間健康だったので、飼い主が面白がって大量の餌を与えたり、メンテをサボったりするため、寿命の前に死なせてしまうケースが多発しますw

 

5年超えた辺りから、逆に気を引き締めて行きましょう!

餌の消化力は若い時と比べ、確実に落ちています。

 

本来の最大寿命がどのぐらいかは未知数ですが、我が家での最大年齢は17歳でした。

キチンと飼えばこれ以上生きる物だと思って良いでしょう。

まとめ

バジェットの飼育について大雑把に解説してみました。

バジェットはカエルとしてみるとかなり丈夫な種類で、初めてカエルを飼う人には大変お勧めです。

 

カエルではなく魚を飼っている感じになりますので、一般的なカエル飼育のイメージとは異なりますが、

トラブルの少なさや管理のし易さ、丈夫さなど、色々な面で他のカエルより手抜きが許され、かなり飼育がな生き物です。

 

なんとなく飼育を始めたものの、気が付いたら数年経っている様な奴です。

専門店やネットオークションなどでは比較的いつでも購入できますので、気になったのなら、まずは飼育してみるのも良いでしょう。

 

この記事が少しでもお役に立てたのなら幸いです。

こちらはバジェットガエルの値段や特徴などのまとめです。参考にしてくださいね。↓

 

バジェットガエル(マルメタピオカガエル)の値段は?なつく?可愛いけど噛むので注意!

 

タイトルとURLをコピーしました