爬虫類ペット屋開業への最短ルート!家庭動物管理士3級取得(旧家庭動物販売士)への道

動物取扱業

前回ご紹介した、第一種動物取扱業登録

ペットショップ開業への第一歩!動物取扱業登録に必要な6つの書類

 

今回はその中で触れた、一番面倒な書類「第三者が認める資格」の中でも、

最も短期間で取得可能な、家庭動物管理士について紹介してみようと思います。

 

単に1日かけて受講し、試験に受かるだけの話なので、

原動付き自転車(通称原チャリ)の試験みたいな感覚をイメージすれば近いです。

 

ただ、原チャリと違い、会場に行けばいつでも受験可能と言うワケでもなく、

いくつかの注意点もありますので、その辺りに触れつつ解説してみようと思います。

 

スポンサーリンク

そもそも家庭動物管理士ってなんなのか?

 

元々は家庭動物販売士と言う名前でしたので、名前から資格内容を連想し易かったのですが、

後年、販売のみに関わるものでもなくなりつつあるので、管理士に変更になったと言う経緯があります。

 

販売の名が付いていたので、元はペットショップの店員としての資格でしたが、

現在では、身近な動物を適切に管理する能力を持った人。

と言う意味合いも含んでいます。

 

その能力の証明を、ZPK(全国ペット協会)と言う機関が保証してくれる資格と思ってもらえば、

どんな物かイメージしやすいと思います。

 

第三者の公正機関であるZPKが保証してくれてるので、資格要項を満たしており、

この資格を持っていれば動物取扱責任者として認められ、届け出を出せると言う事になります。

 

まずは試験の申込!?ZPKに受講申請しよう

 

家庭動物販売士は、試験の開催が年1回~2回程度なので、

落ちると次までにかなり間が空いてしまう点がネックです。

 

詳細なスケジュールは、各会場ごとに申し込み後に受験案内が届く為、

全ての会場で同じ日程では無い様です。

 

また、都内に比べると極端に定員が少ない会場もあり、

上限に達した時点で絞め切りになりますので、

最寄りの会場で受けたい場合は即座に申し込む等の注意が必要です。

 

家庭動物管理士の受験申請は、ZPK(全国ペット協会)のHPで受け付けております。

申し込みの流れなども詳しく書かれていますので、実際の手続きはそちらを参照すれば確実です。

 

試験の前に講習あり!

 

基本的に試験の前に講習を受けるタイプの資格です。

大体9:30~15:10前後までが講習で、その後に約1時間のテスト時間が設けられています。

 

そう、主に講習がメインなのです!!

 

この講習をちゃんと受ければ、大体受かる内容の試験ですが、

これが年々レベルが上がり、今ではかなり専門的な事を要求してきます。

 

私が受けた当時は、ペット屋を開業しよう!なんて思う人間なら誰でも分かる様な内容でしたが、

法律の締め付けに伴い、内容も激化してきた様です…。

 

 

講習を受けただけでは覚えきれない事もあるでしょうし、

事前に十分予習を済ませて置く事をお勧めします。

 

また、この講習は絶対受ける必要があるワケではないので、希望者以外はスルー可能です。

 

ただ、試験のポイントなどもこの講習で語られるので、

特別な理由がない限りは受ける事をお勧めします。

 

試験の内容は基本的に犬猫!爬虫類はほとんど出ない

 

はい。

試験の内容はほぼ犬猫メインです。

 

犬なんて普通の飼い主程度の知識しかない上に、

猫なんて飼った事もなければ興味もなかった私は、当時戦慄しました…。

 

爬虫類屋を開業したいのに!なんで犬猫の知識が必要なんだよ!!

と…心中穏やかで居られなかったのも、今では良い思い出です。

↑ 大人げない(笑)

 

私の様に爬虫類メインで突撃する人は、色々な意味で厳しい戦いを強いられます。

 

とは言え、受験の申請して受理されると、

受験票と同時に講習時に使うテキストが送られてきて、受験者には予習する機会が設けられています。

 

全くわからない分野の猫でしたが、

このテキストでテストに受かる以上の猫知識は十分得られました。

 

私にとっては全く不要な知識なので、

ウン10年経った今でも使われた事がない、脳の容量を余分に圧迫しただけの知識ですが!!

 

まぁ、私の事はさておき、

早く申請すればそれだけ勉強する時間も取れますので、申請は早い方が有利です。

 

資格取得までにかかる費用!大雑把にはこんな感じ!

 

家庭動物管理士の試験に合格した場合、

後に郵送されてくる合格通知に合わせて、認定登録料の支払いを求められます。

 

これを支払い「ZPK会員」として登録を済ませると、晴れて資格取得です。

 

合格しても、この登録料を払わないと資格は発行されません!!

 

諸々の合計金額は、2018年現在、

  • 受験料・1万円
  • 受講料・2万円
  • 認定登録料・1万円
  • 合計・4万円

となっております。

 

これに交通費が加算されます。

基本的に都市部で開催されるので、地方ほど交通費はかさみます。

 

資格を取っても油断禁物!更新の度に資質チェック

 

家庭動物管理士3級は、2年に1度、更新の必要があります。

この時、テキストが送られてきて、資質が維持されているか、巻末テストに回答する必要があります。

 

更新料1万円の支払いと、このテストの回答を郵送するのが更新の条件です。

お金だけ払っても、テストに受からないと再テストになります。

 

法律が年々強化され、それに伴う問題などが出るので、

知ってた内容と変わっている事も多く、テキストで確認しつつ回答するなんてのはデフォです。

 

実際の問題ってどんな感じ?(例題)

 

それでは、実際どんな問題が出たのか、そのままはココに書けないので、例題を書いてみます。

基本的に3択から正解1つを選び、マークシートに書き込むタイプです。

 

 

しっかり講習を受ければ受かる内容ですが、記入欄を1つ間違えていたとか、

名前を書かなかったなんてファンタジーがホントにあるようなので、気を付けましょう!

 

私の後ろの席に居た人は、「今日は記入欄間違えないでね…」なんて言われてましたので…

 

問1・子猫の健康管理の記述として、正しいものはどれか?

  • 出産後の母ネコから分泌される初乳には免疫抗体が含まれている為、出生後すみやかに初乳を飲ませることが重要である。
  • 一般的には、生後4週齢頃までで離乳は完了する。
  • 子猫のエネルギー必要量は、母乳の接種時をピークとし、離乳を境に徐々に減少する。

 

問2・子犬の健康管理について、正しいものはどれか?

  • 母犬からもらった移行抗体は、生後30日~60日ほどでなくなるため、生後30日~90日ぐらいに2回ワクチンを接種する必要がある。
  • 成犬体重に近づくまでの期間は、小型犬より大型犬の方が早い。
  • 6週齢~3か月齢頃までの子犬にとって、健全な骨格形成を促すためには、ペットフードにカルシム剤を添付した方が良い。

 

問3・単一遺伝子病に関する記述として、正しいものはどれか?

  • 単一遺伝子病の中でも、常染色体性劣性遺伝の場合は、両親のどちらか一方の遺伝子に異常があれば、その子供が発症する可能性が出て来る。
  • 単一遺伝子病の中でも、常染色体優性遺伝の場合は、両親ともに遺伝子に異常がない限り、その子供が発症することはない。
  • 単一遺伝子病とは、1つの遺伝子変異が原因となり発症する病気の事で、原因遺伝子が特定されている場合、遺伝子病検査を行い、適切な配合を行う事で予防できる。

 

と、こんな感じの問題が出ます。

 

犬猫畑出身ではない私からしたら、なに言ってるの?なワケですが、

問3は爬虫類界隈でも応用できる知識なので、全くの無駄と言うワケではありません。

 

また、こうした種族に対する専門知識とは別に法律の知識も求められます。

おまけにある程度国語力も必要です。

 

正しいのはどれか?間違ってるのはどれか?など、設問毎に真逆の質問だったりするのはデフォです。

自動車の試験みたく、言い回しが少し違うだけで勘違いを促す意地悪問題もあります。

 

基本的にもっともらしい事を平然と3つ並べて来るので、気を付けましょう!

私が受験した時には、明らかに違うだろ!っていうのがあって、

消去法で正解にたどり着く事ができましたが…

 

因みに上の例題の正解は、

1、1、3

それ以外の質問は真逆の事だったり、間違った考えです。

この辺りもテキストで詳しく紹介されますので、テキストが届いたら熟読することをお勧めします。

 

まとめ

 

家庭動物管理士についてはこんな所でしょうか?

 

私の場合田舎在住ですので、大都会に試験に向かった際、

都会の仕様がわからず色々な不幸が重なりました…

 

駅についた途端、浮浪者に粘着され、しかたなく小銭を全部分けてあげたり、

会場まで向かおうとタクシーに乗ったら、地図を渡したのに明後日の方向に連れていかれたり、

おまけに試験前だと言うのに、運転手が延々と自身の不幸な身の上話を始めたり…

(道を間違えられ料金上がった上に、試験前にろくでもない話を聞かされたこっちも十分不幸です)

 

帰りは時間に余裕あるから、バスで駅まで行こうとガラガラのバスに乗ったら、

途中から女子高生やOLが大挙して乗り込み、すし詰め状態に。

 

そんな中に突撃して両替する勇気などなく、

椅子に座って縮こまり「駅までにお前等降りろよぉ~」と祈るものの、

無慈悲に終点駅まで全員参加で増える一方。

 

ガラガラの内に両替しておけば良かったと思うも後の祭り。

小銭は朝方浮浪者に全部与えてしまったので札しかなく、降りる時にすごいもたもた。

後ろから突き刺す視線が痛い痛い!!

 

そうして心で泣きつつ降りたら、再び朝の浮浪者に絡まれると言うミラクル…

と、まぁ、私の試験の時はこんな感じでしたので、

正直、試験以外のエピソードが強烈すぎて、内容はあんまり覚えてないです。

 

はい。

試験の内容より、都会の方が怖かった…と言うのが、私の家庭動物管理士試験でした…

 

この記事が少しでもお役に立てたのなら幸いです。

 

爬虫類ペットショップ開業への第一歩!動物取扱業登録に必要な6つの書類

カエル・蛇・トカゲの餌の仕入先と購入ペースや餌代!業者版&個人飼育版

 

タイトルとURLをコピーしました