シロマダラの生態!珍しくてレアなヘビの値段は?絶滅危惧種へ・・

ヘビ

本州で最も遭遇頻度の高いヘビと言えば、アオダイショウ、シマヘビ、ヤマカガシがまず上がる事でしょう。

その次にヒバカリやタカチホヘビなどのプチレアヘビが上がると思います。

(あくまで私の経験に基づいたものなので地域差はあるかもしれませんが…)

 

さて、それらのヘビをぶっちぎるレア度としてはジムグリが挙げられます。

真っ赤な赤ジムグリや地味なオリーブ色のジムグリなど色彩の個体差もあるヘビですが、とにかく遭遇頻度が低いので、特別レア蛇として扱われ、日本の生き物なのにペット屋でも販売されることがあり、値段も1万円以上したりする事がある大物です。

 

レアな国産ヘビ!ジムグリとは?飼育方法や値段など生態について徹底解説!

 

さて、そんな色々なヘビが居る中で、そのジムグリさえもをぶっちぎるレア度を誇るのが、シロマダラです。

今回はこの、超絶レアなヘビ、シロマダラについて紹介してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

シロマダラの特徴

シロマダラの特徴

シロマダラは最大でも70センチ程度にしかならない、小型のヘビです。

名前の通り、白地に黒いバンドが入るので、シロマダラと呼ばれております。

 

カリフォルニアキングスネークの50/50みたいな感じですが、白地部分がくすんでおり、色彩的な意味ではカリキンの50/50より小汚い印象を受けます。

 

子供の内はその名の通りの綺麗な白を保っていますが、大人になるにつれて白地部分がくすんできます。

また、長さに反して太さがなく、全体的にひょろっとしたヘビなので、初めて見た人はなにかの子ヘビかと思う程に華奢な印象を受けると思います。

シロマダラの生態

シロマダラの最大の特徴は、小さい上に夜行性なので、異常に遭遇率が低い事です。

居そうな場所を探しても、とにかく見つかりません…

 

私も長い事ヘビを捕まえる事を趣味の一つにしていますが、未だに野生個体を捕まえた事はありません。

 

現在では爬虫類を通販で買う事が実質不可能なので、日本のどこかで偶然捕まえた人がオークションに出品する事もなくなってしまい、今では自分で偶然捕まえない限り、入手はほぼ絶望的なヘビとなってしまいました…。

 

運良く見つける事ができた人が専門店に持ち込めば、まだ購入できる余地があるにはありますが、基本的に流通するものではありません。

その結果、付いた二つ名が「幻のヘビ」です。

シロマダラの値段

 

購入の機会そのものがほとんどないヘビですが、流通の頻度は最低でも、餌の確保が大変すぎてペットとしての人気はなく、レアヘビなのにアダルトサイズでも精々1万円前後と、幻と呼ばれるワリにそこまで高額なヘビではありません。

 

子ヘビであるほど餌の確保が大変なので、さらに値段は安くなる傾向にあります。

シロマダラはペットに出来る?

 

シロマダラはペットに出来る?

 

シロマダラをペットにする場合、最大サイズでも非常に小さいヘビなので、あまり大きな設備は必要ありません。

  • プラケース(中サイズ~大サイズ)
  • 隠れ家(専門の物でなくてもOK)
  • 床材
  • 水飲み

こうしたヘビ飼育基本セットで問題なく飼えます。

また、おそらくこれらの使用がベストでしょう。

 

ただ、かなり細いヘビなので、あまり大きなサイズのケースを使うと脱走の危険が高まります。

私は中サイズのプラケースの蓋に付いてる取っ手の穴から脱走された事があります…。

 

想像以上に隙間脱走があり得るヘビなので、プラケースの取っ手は完全に抜き取って、穴は内側と外側、両方から塞ぎましょう。

 

取っ手そのものや、プラスチック片をガスコンロなどで溶かして、蓋の取っ手部分の穴を完全にプラスチックで埋めるのが確実ですが、一時的にであればガムテープや厚めのセロテープなどで塞ぐのでも問題ありません。

 

とは言え、細いヘビだけにガムテープに捕まってしまうと、脱出できずに死にます。

また、長期間そのままだとガムテやセロテープは風化して脆くなりますので、テープを使うのであればキチンと隙間なく張った上で定期的に張り直しましょう。

 

幻過ぎて飼育データ以前に、飼育しているなんて話もあまり聞きませんが、こいつのやっかいな所は、遭遇頻度が低い事以上にその食性が挙がります。

 

シロマダラの餌はトカゲカナヘビ、または産まれたばかりの超小型のヘビです。

これ故に餌を常備するのが非常に難しく、ペットとしてシロマダラの飼育するのは、いかにして餌を確保するかの闘いでした…。

 

ヤモリなども食べると聞きましたが、私の居住地ではヤモリはほとんどおりませんので、未検証です。

ただ、産卵可能なフルアダルトでも、大型のカナヘビは呑めなかったりする事がありましたので、カナヘビより横幅のあるヤモリは餌として不向きな印象はぬぐえません…。

 

とにかくこのヘビは、爬虫類しか食べません。

カナヘビの臭いをガンガンになすり付けたピンクマウスを食べたなんて話もありますが、こうした特殊な生き物を飼う上で、本来の食性では無い物を与える事は超NG行為です。

 

昔はマウスを与える事が大正義とされた時代があり、シロマダラに限らず専門店などでも無理やりマウスに餌付ける事が推奨された事もありましたが、今では誤りであると検証の末に判明しております。

 

なので、シロマダラには爬虫類のみを与えて育てる事となります…。

 

同族であるヘビやトカゲを食べるヘビ自体は良くある話ですが、完全に爬虫類しか食べないと言うのは、本州のヘビではこのシロマダラしかいません。

 

カタツムリしか食べないなんて言う、セダカヘビみたいなド変態ヘビと比べたらまだマシですが、このシロマダラも十分な変態と言えるでしょう。

 

※変態ヘビとは、特殊な食性や生態を持つヘビにマニアから与えられる、

称号の様な物なので、悪口ってわけではありませんw

 

シロマダラの飼育方法!餌や病気などの注意点やコツを徹底解説!

 

シロマダラの居そうな場所

基本的には、カナヘビやトカゲの多い場所付近の岩の間…などと言われたりしますが、

とにかく見つからないので、予想で探すしかありません。

 

遭遇した人の話を総合すると、岩が多い所墓場池の周りなど様々です。

岩があって隠れ家も豊富で、カナヘビがわんさかいる池が私が良く行く釣り場だったので、

餌の確保ついでに本体も良く探したものですが、

他のヘビには出会えても、シロマダラに遭遇した事はありません…。

 

見つからないだけで数は多いってのは本当なのか?

シロマダラを語る上で良く言われるのが、数が多いけど出会えないだけと言う話。

ですが、これを裏付ける学術的な根拠となるデータはありません。

 

少なくとも、私の知る限り、読み聴きした話は、だろう恐らくが多分に含まれた空論であるものがほとんどです。

 

なにしろこのヘビ、1度の産卵数が1個~3個と異常に少ないです。

なおかつ爬虫類しか食べないなんて特殊な生態を持つヘビです。

出会えない事は、数自体が少ないからだと考えるのが自然です。

 

全国的に見つけ辛い物を、どうして数が多いと断言できるのか?

実際に繁殖させた事がある身としては、その生き辛さや繁殖効率の悪さから見て、非常に懐疑的です…。

まとめ

 

  • シロマダラはものすごく出会いづらい、本州イチのレアヘビ。
  • 食性も特殊でトカゲやカナヘビなどの爬虫類しか食べない。
  • 飼育設備自体は多くの国産ヘビと同じ飼い方でOK。
  • 値段はサイズによりピンキリだけど、最大でも1万円前後。
  • ペットとして飼育する場合は、いかにして餌を維持するかにかかっている。
  • 性格自体は特に難がない(あくまで私の経験上は)

こんな所でしょうか?

 

とにかく入手の難易度が高い事と、餌の確保が大変なヘビですが、このヘビに偶然出会う確率は宝くじの1等に当たるのと等しい!なんて発言をした学者も居るぐらいレアなヘビです。

 

餌の準備が大変すぎるので飼育自体はお勧めできませんが、知らずにうっかり、見た事のない外国産の悪いヘビだ!なんて思い込み、無暗に殺したりするのは絶対に止めましょう。

 

家の父はやらかしましたから…w

ヘビ憎し!とばかりにヘビを見たらとりあえず殺す田舎の人はかなり多いのです。

 

因みに家の父は、見た事がないヘビだったので、有毒ヘビのヒャッポダと間違えで殺した様です…。

サイズも見た目も生息地も違うヘビをどうやったら混同できるのか?

 

もうどこから突っ込んでいいのかわからないレベルの蛮行でしたが、とりあえず色々含めて大説教してやりました…。

(因みに遭遇した状況は、クワガタを取りに行って朽ち木の皮を剥いだら、ボロっと出て来た模様)

 

また、細いヘビなので、ぎゅっ!ときつく握っただけでも背骨が折れて死んでしまいますので、捕まえる時は優しく触るのが大事です。

思い切り握らなければ噛む事もまずありませんし、間違って素手を噛まれても軽く茨で引っ掻いた位の超軽傷です。

 

運良く出会っても関わるのが怖い場合は、触らずに撮影だけするのも良いでしょう。

とにかく出会えたら超幸運と言えるレベルのレアヘビなので、ヘビに興味がない人とも情報共有しておいて損はありません。

 

この記事が少しでもお役に立てたのなら幸いです。

 

シロマダラの飼育方法!餌や病気などの注意点やコツを徹底解説!

 

タイトルとURLをコピーしました